スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACK始めてみました

2006年04月08日 19:46

武器のコレクション要素などといったものも無く、非常にストレートで単純明快な作り。
ステージ数は全部で8と全体的にボリュームは少なめですが、一つ一つのステージの中身はそこそこ充実しています。
ステージ1だけは特別短いですが、2以降はとにかく長い。
操作が不慣れだったという事も多分にありますが、ステージ2をクリアするまでに1時間近くかかってしまったのはヒミツですw

隠し要素についてもかなり淡白です。
隠し武器、難易度追加、弾数無制限、くらいでしょうか。

しかし考えても見てください。
価格は5,040円(税込)と、非常にリーズナブル。
ステージ数が少ないとはいえ、先ほども書いたとおり一つ一つのステージが長く、さらにクリア条件となる「主要任務」のほかに、「副次任務」というものがあります。
これは戦国無双のミッションイベントと同様、クリアとは直接関係無いものの、隠し要素を解禁するにあたって非常に重要な役割をもっています。
隠し武器に関してはステージ中に隠されているので、マップ中をくまなく探せば手に入れることが可能ですが、それ以外の隠し要素を出現させるにはこれらの任務達成が必要不可欠となります。
ちなみに、最高難度である「BLACK OPS」でプレイを開始し、尚且つ副次任務を全てこなそうとするとクリアまでに物凄く時間がかかるようです。
2chには、一つのステージをクリアするのに3時間以上かかった、なんて書き込みがちらほらと…。

隠し要素ややり込み要素には正直期待できない、というか、しちゃいけない作品に仕上がっていますが、”寿命”に関して言えば、「長く遊べる1本」なんじゃないかと。
あと、昨日も書きましたが、グラフィックやエフェクトは凄いです。
なんでもかんでもドカーン!ドカーン!と破壊しまくれるワケではない、というのが少々残念でしたが。
派手に爆発させる事が出来るのは車、ドラム缶、オイルタンクなどですね。
建物にグレネードを投げ込んで、地球防衛軍ばりに建物崩壊!という事は出来ないようです。残念…。
ですが、爆発時の炎の表現はかなりリアルで、それで敵を一気に吹き飛ばした日には爽快感もひとしお。

なんでもかんでも爆発させることは不可能とはいえ、ほぼ全てのモノにしっかりと判定があり、穴が開いたりバラバラになったりします。
建物内部での銃撃戦。もうもうと立ち上る煙、次々と穴が開き徐々に形を変えていく柱を見ているとマトリックスを思い出します。
どんなものでも大爆発ー!!というおバカで過剰なド派手さは無いものの、そのエフェクトの細かさは圧巻。まさにこのゲームの華。
ド派手というワケではない、しかし、かといって、地味でもない。
でも、妙な存在感があるんです。”渋い派手さ”とでも言えば良いのでしょうか。
敵のやられ方ひとつ取っても、高いところから落ちる際に、ただ落ちるだけでなく窓枠にしがみついたり(特定の敵がこういうモーションになる、というのではなくランダムっぽい。そのまま落下する場合もある)、手に持った銃を天に向かって乱射したまま地面に倒れたりなど、破壊だけでなく敵の動きもなかなか凝っています。
ヘッドショットが楽しくて仕方ありません。落ちまいと必死にしがみついている敵の頭を慎重に狙って……(*´д`*)ハァハァ
リロード時のアクションにも(*´д`*)ハァハァ
マガジン交換(*´д`*)ハァハァ
ショットガンに一発ずつ弾を込めていく動作に(*´д`*)ハァハァ
リロード中、遠景がボヤけるのにハァ(しつこい

グラフィックだけでなく効果音も凝っていて、銃声だけでなく、環境音も非常にリアルです。
風の音なども、ありがちな「ビュゥウウウ」という音ではなく、実際に外に出た時に耳にするあの「ゴォオオオ」って感じの音です。

「リアルだなぁ」と終始感心しっぱなしでしたが、他のFPSもこれくらいは当たり前なんですかねえ…?

敵が堅いのには賛否両論ありそうですが、個人的にはアリかなぁと。

敵が堅いと嘆くより、進んで弾を撃ちましょう。(ヘッドショットを狙いましょう。)

うーん、名言ですね。
普通なら、慎重に狙いを定めてからヘッドショット…と行くところですが、この作品の場合はとにかく撃ちまくりつつ、頭を狙う、というやり方が有効です。
何も考えずに突っ込んでいくだけでは四方八方から撃たれまくってあっという間に蜂の巣にされてしまいますが、しっかりと状況を判断し、安全な場所を確保したら後はとにかく撃ちまくる。やられる前にやれ!!

基本的にアクション重視、爽快感重視って感じですが、適度にタクティカル性があるというのも嬉しいですね。
↑にも書いたように、何も考えずに突っ込んでいくだけではあっさりとやられてしまいます。
そこで、自分でしっかりと周りを確認し、安全な場所を見つけたらそこからじっくり、時には大胆に攻める、と。

この価格でこれだけ遊べるのはお得だと思います。
それほど難しい操作を要求されるワケでもないですし、FPS入門用ソフトとしてもぴったり!
どうですかお客さん!買ってけドロボー!!
これで、やり込みや隠し要素が充実していればなお良かったんですがねえ…。
まあ、その辺のこともあって、この価格にしたのかもしれませんね。EAグッジョブ……

と言いたい所ですが、激しくバッジョブな部分もあります。
それは…

「中断セーブ」ができない事です。

副次任務の事を無視して普通にクリアするだけでもそこそこ時間がかかるというのに、この仕様はいかがなものかと。
せっかく良い部分が多々あるのに、これだけで全てが台無しって感じですよ。
このような不親切仕様のおかげで”空いた時間にちょこっと遊ぶ”、という事が出来ません。
もし、2が出るのならこの辺は是非、いや、必ずなんとかしてください。
いくら価格が安くてもこれはちょっといただけません。

トータルで見れば間違いなく素晴らしい作品…なのですが、セーブ関係で大損こいてますね。とりあえず良作止まりでファイナルアンサーかな。
個人的にはFPS初心者の方にも是非プレイしてもらいたい作品ですが、プレイする際にはあらかじめ、ある程度まとまった時間を確保しましょう。
大統領との約束だ('A`)

さて、それじゃ続きをやってきますかね。
これを機にバトルフィールドやメダルオブオナーにも手を出してみようかしら。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/9-489513c5
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。