スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪俺はスーパーウルトラセクシィヒーロ~

2009年06月02日 21:25

サムライガンマン 斬 ザザーン!(挨拶)


趙雲での武将プレイも一通り終わり、ポイント使って褒賞をアンロックアンロックアンロックアn(ry
ポイント獲得条件リストをボーっと眺めていたら、「ノーダメージでクリア」にチェックが付いていました。
いつの間にか達成していた俺ちゃん凄い!すごいすごいすごいすごいすg(ry
「2000人斬り」も達成済み。
特に意識はしてなかったんですが(そんな条件があるとは知らなかった)、バッサバッサと敵を斬りまくってたらいつの間にやら2000人超え。
敵を倒すペースが速すぎ&他のイベントやら会話やらが間に挟まりまくる関係で、画面上の「趙雲 ○○人撃破!」のメッセージが全然追いつかない状態。
会話などが落ち着いた後、立て続けに1500人撃破、1600人撃破、1700人撃破…と出たときはなんか脳汁がちょっぴり漏れちゃいました。

ある程度武将が育ち、国が安定してくると、だんだん「討伐戦闘」が面倒になってきますが、これはきっちりこなしておいた方がいいですね。
エディットパーツが手に入るのはもちろんの事、武将がドンドン強化されます。
終盤は常に攻撃力&防御力2倍状態で、初めて遭遇した武将にはガンガン落石、ひとたび拠点に突っ込めば片っ端から放火、走り続ければ特殊移動…と、それはもう色々とラクをさせていただきましたw


昨日は休みという事で午前中に用事を済ませ、昼過ぎにちょこっとIIDXをプレイした後はひたすら無双ばかりやっていました。
途中、ここを更新したりメシ食ったりシャワー浴びたりなんかしつつ、布団に入ったのは午前3時半頃。
なんだかんだで12時間近くやっていたような気がします。
現在はエディット武将を使用して「官渡の戦い」シナリオをプレイ中。


最初のシナリオをクリアした時点で様々なエディットパーツが手に入ったため、新たにエディット武将を作成してみました。



 


どうよ、この俺の漢っぷりは!スーパーウルトラセクシィヒーローぶりは!!
おぢさまキャラLOVE(*´д`*)
体型はちょっと筋肉質で、草野仁さんをリスペクト。俺もボッシュートされたい。

あ、ちなみに名前は「キン・グ(Qing Gu)」です。「かなぐ」ではありません。
ホントは「炎屁裸(エンペラー)」って候補もあったんですが、漢字一覧に「屁」がなかったために終了。
自分の予想と想像を(斜め上に)はるかに超えた、随分とあっさりとした幕切れであった。
っていうか、今作、心なしか漢字少なくねえ?
気のせいかもしれませんが、前作とか戦国2エンパはもっと沢山漢字が収録されていたような…。

余談ですが、少ないといえば、BGMも一部収録されて無いものがありますね。
「DUAL NRG」(無双4:合肥新城の戦い)とか。
今後、ダウンロードコンテンツとして配信されるのかもしれませんね。
…ただ単に「あ、ごめw入れ忘れてたwwwサーセンwwwww」とかだったらイヤだなぁ。


顔装飾パーツは「ヒゲ」と「メガネ」でかなり迷いましたが、『おぢさまにヒゲは付き物だ、俺が死んでもヒゲは死なん。我が生涯に一片の悔いなし!!』と、かの板垣退助大佐も生前口を酸っぱくして仰られていたかもしれないらしいっぽいような雰囲気らしいかもしれない、みたいなー?的な空気だったので、その方針に則った次第で早漏。
両方付けられないのは誠に残念、誠に遺憾である。遺憾の意である。
遺憾の意は「いくらと筋子の違いがイマイチ分からない」の”い”。





女性キャラも作ってみました。





最初のシナリオを終えた時点で猫系パーツはほぼ揃ったんですが、肝心の”ネコミミ”が!ネコミミがっ!!

なので、まだ作ってません。
よりによって一番重要なモノが手に入らないとかコーエーさん、アンタは鬼だ!確信犯だ!!(誤用)
これは俺に与えられたとてつもなく辛い試練…。だが俺は乗り越えてみせる!!
俺たちの戦いはこれからだ!!

──大統領先生の次回作に(ry


でもアレだな。ちゃんと尻尾もあるのはいいな。うん。コーエーさんはよく分かってる。うん。
全部揃った暁には勿論作っちゃいますよ。これを作らずして何が漢か!!据え膳食わぬは漢の恥ってなモンよ!

…べつに女の子が「作ってぇ~」と言い寄ってきてるワケじゃないけどな( ´・ω・)

名前はもう決めてあります。あんまりベタなのはイヤなんで、とりあえず




「娘々(にゃんにゃん)」



コレで。


おぉ、なんと大胆且つ繊細で、蝶のように舞い蜂のように刺すユニークな名前。テラかわゆすなぁ。



それじゃ今日はこの辺で。
皆さんも是非、自分だけのスーパーウルトラセクシィヒーロー(ヒロイン)を作ってみてください。

真・三國無双5 Empires真・三國無双5 Empires
(2009/05/28)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る





・おまけ



知る人ぞ知る超名(迷)作。タイトル画面後のオープニングは必見です。
全体的に漂う外人特有の”間違った日本観”
…が、コレ、開発したのは日本の会社。スタッフも勿論全員日本人。
少々クセのある操作性など荒削りな部分も決して少なくはなかったものの、それらを補って余りある魅力があり、全体的に(良い意味で)かなりおバカ。でも、非常に面白い作品でした。
各ボスとの会話や、ジョニーの「なぬ!?」はいつ見ても秀逸。


ボス戦の華、「トドメ・ファイナル」もカッコイイ。




この「ライジングザン ザ・サムライガンマン」はドリームキャストにて2作目が開発中でしたが、その最中にウエップシステム倒産。
「クールボーダーズ」シリーズなど、人気作品を出していたメーカーだっただけにショックでした…。

どっかリメイクしてくれないかなぁ…。
アーカイブスに来ないかなぁ…。

ライジング ザン ザ・サムライガンマンライジング ザン ザ・サムライガンマン
(1999/03/25)
PlayStation

商品詳細を見る


クールボーダーズCODE ALIENクールボーダーズCODE ALIEN
(2000/12/21)
PlayStation2

商品詳細を見る
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/894-40c69eb2
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。