スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いー加減にしなさい

2009年05月13日 23:27

ゲームアーカイブス、3タイトル追加。
うち1本はファイナルファンタジータクティクス

先日のFF7インターナショナル(1500円)で味をしめたのか、またもや通常価格を400円上回る”1000円”という強気な価格設定。
アルティメットヒッツ版よりは安いのは分かってます。PSPでも遊べておトクだってのも分かります。

あれ?そういえば、FFTってPSPでも出てたような…。
まぁいいか。

自分はミレニアムコレクション版を所有しているので、今更アーカイブス版を買うつもりは無いですが、マジでスクエニどうしちゃったの?
FF13に期待しておきながらこんな事言うのもナンですが、現在のスクエニがこんなエラそうな事できる立場なのか?空気の読めない価格設定をゴリ押しできる資格があるのか?
そりゃ、一昔前のココは凄かったさ。”一昔前”は。

でも今じゃもうブランドバリューガタ落ちじゃないの。
ウンザリするくらいのリメイク商法に、和○社長の見事な迷采配。
「これからは海外だ!日本なんかほっといて海外ウケするRPGを出せば勝つる!」とか言って、360でアレコレ頑張った結果がコレだよ!
海外のユーザーからも冷ややかな目で見られてどう思った?馬鹿なの?死ぬの?

こんなんが社長でこの先やっていけるのかよ…。


FFT自体は素晴らしい作品ですが、なーんかこういう商売されちゃうと名作を穢されたような気がしてなりません。
ゼノギアスやサガフロなど、既に配信されている作品がもしもFF7よりも後に配信されていたら…と思うと、いやー恐ろしいですね。

会社を守り立てようと必死なのかもしれませんが、消費者側からすれば調子に乗ってるようにしか見えません。
消費者だけでなく、アーカイブスにソフトを提供している他社さんも黙ってないかもしれません。
「スクエニだけこんなに優遇されてるってなんなの?俺らだってできることなら100円でも高く売りたいわ。ふざけるな。」と。


まあ、ホイホイ受け入れるSCEもSCEですが…。
両社の間でいろいろあったんでしょうかね。
1000円以上での配信を許可しないと国内もFF13マルチにすっぞ!とかw



まぁとりあえず…ゲームそのものに罪はありません。
冒頭でも書いたとおりアルティメットヒッツ版よりは安いし、良作なので、プレイした事が無い方はこれを機に買ってみるのも良いかも…というか今回もフツーに売れそうな予感。


アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジータクティクスアルティメット ヒッツ ファイナルファンタジータクティクス
(2006/07/20)
PlayStation

商品詳細を見る

ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争
(2007/05/10)
Sony PSP

商品詳細を見る
関連記事


コメント

  1. tumigames@積んじゃうげーむず | URL | -

    お久しぶりです!

    こんばんわ!かなりのご無沙汰、tumigamesです。
    大統領もお元気そうで、なによりです^^

    FFTはまたもや1,000円オーバー(苦笑)
    値段見た瞬間に「げ、また高いヨ。。。」と呟いちゃいました。
    うーん、、、困ったもんですなぁ、あの社長。

    さて、今日は、大統領にご相談がありまして。
    5/28発売の無双5エンパ。
    あれは買いでしょーか!?(笑)

    無双5は買いましたが、
    エンパシリーズはプレイしたことないし、イマイチ良く分からない。
    ここは、かなりの無双プレイヤー
    大統領に相談してみるべ、とそう思った次第ですw

    そろそろ龍が如く3が終わりそうなので
    PS3も空くし、時期的にはいいかもなーと
    最近ちょっと迷ってたりするところです。

    ここは一つ、エンパの楽しさについて教えて頂けたら幸いです(笑)

  2. President@どうやら管理人 | URL | ClNfsw5U

    こちらこそお久しぶりです

    こんばんは。
    レスが遅くなって申し訳ないです(´Д`;)
    昨日は眠い目を擦りながらココを更新し、その直後に軽い昼寝のつもりでなんとなーく横になったまでは良かったのですが、気が付いたら朝でした。
    結局、tumigamesさんのコメントに気が付いたのは昼休み中だったのですが、時間が無かったのと、自分一人だけカタカタとキーボードを叩きまくるのは、傍から見れば仕事をしているように思われるかもしれませんが、画面を見られたら即アウトという事で、帰宅する今の今まで我慢しておりました(笑)
    tumigamesさんもお元気そうで何よりです。
    ブログは毎日拝見させていただいておりますが、ロクにコメントもせず大変恐縮しております(苦笑
    私よりもずっと忙しいtumigamesさんが、仕事をこなしつつ毎日ブログを更新し、さらにゲームを消化しているのを見て、私も改めて「頑張ろう!」と気合いを入れなおした次第です。
    勿論、気合いを入れる対象は”仕事”……ではなく”ゲーム”ですがw

    >FFTはまたもや1,000円オーバー
    今後、この価格帯が当たり前にならない事を祈るばかりですね…。
    FFは確かに名作だと思いますし、自分も今まで大変楽しませていただいたゲームの一つでもあります。
    が、同時に、ここまで特別扱いされるほどのモノでは無いとも思っています。
    どうにも、「名作」とか「大作」と持て囃されているのを免罪符に強気な価格設定をしているようにしか見えないのですが、その姿勢は自分勝手で自画自賛甚だしく、かえって不愉快です。調子に乗るなと。
    FF7インターナショナルは1500円でしたが、元がディスク4枚構成だったという事を差し引いてもやはり高いですし(ゼノギアスはディスク2枚組で通常価格(600円))、FFT(ディスク1枚)だと尚更その高さが窺えます。
    店頭で販売されているパッケージ版よりも安いから、というのは理由にならないと思います。
    むしろ、パッケージが存在せず、ディスクをプレスしたり説明書を印刷する必要も無い、データのみの配信で1000円というのは、店頭で販売されているアルティメットヒッツ版の方が良心的に思えちゃうくらいのボッタクリ価格だと思います。
    ユーザーからすれば支払う額の多少が全てですので、そういう意識は希薄だとは思いますが。
    こんなのがまかり通るのなら、現在でもプレミアが付いている「パネキット」はFF7やFFTよりももっともっと高い値がついてもおかしくは無いはずです。
    FFそのものは好きですが、スクエニのやり方には納得できかねますね。


    さてさて、前置き&アーカイブスについてのレスがかなーり長くなってしまいましたが、Empiresについて書きたいと思います。
    こちらも長文注意ですw

    真・三國無双3Empiresから始まったこのシリーズ、現在までに、真・三國無双4Empires、戦国無双2Empiresと3作出ているのですが、シリーズを重ねるにつれ、内容が充実していっています。
    ゲーム内容を簡潔に申し上げますと、”国取りSLG要素がくっついた無双” この一言で済んじゃいます。
    こう書くと、「コーエーは歴史SLGの老舗だし、いくら無双っつっても取っ付きにくいのでは…」とお思いになるかもしれませんが、実際のところ、そこまで難しくはありません。
    常に思考を巡らせ、詰め将棋的な慎重且つきっちりとした進め方をしないと勝てない…などという事は殆どありません。
    さすがに最高難度+何かしらの縛りを設けたりすると(後者は完全に私個人の趣向ですがw)、戦闘中の敵の強さは勿論、政策ターンにおいても他勢力がやたらとアグレッシヴになったりと、それなりにこちら側も政策を練ってやる必要性が出てきますが、そんなに難しく考える必要はありません。
    今回は従来作以上にやれる事が増えていて、私自身にとっても未知な部分が多いため、5エンパに関してはそこまで多くは語れませんが、今までのデキを体感した身としては、今作も充分期待できると思っています。
    ちなみに今作は、君主に仕える一武将となって戦う「武将プレイ」と、政策を実行しつつ無双アクションも行う「君主プレイ」が選択できるようになりました。
    今までもこれに近いことは出来たのですが、政策実行は必須だったので、ここまできっちりとスタイルが分かれて、それぞれに若干異なるルールが設定されたのは今回が初ですね。
    「君主プレイ」は従来どおりのプレイスタイル、「武将プレイ」は無双アクションに重きを置いているものの、与えられたミッションを成功させる事によってアイテム等が入手できることから、おそらく、真・三國無双3、4にあった「修羅モード」に近い感じだと思います。
    これらのプレイスタイルについてはプレイ中いつでも切り替えられるようです。「政策とかいちいちコマンド実行すんのめんどくせ。今日は政策とか忘れてどんどん敵をブッ倒したい」という場合は、武将プレイで幸せになれるかもしれません。
    政策についても、それぞれの政策カード(コマンド)にはきちんとどういう効果があるのかという説明が付いているので、迷うことは無いと思います。
    金貯めて、武器を鍛えたり、アイテム生産したり、武将を募集したり他国から引き抜いたり、次の戦に備えて兵力を補充したり、武将のレベルを上げたり…
    お金やアイテムの獲得に関しては、プロセスがいくつかあるため、選択するカード次第で善政もしくは悪政となります。
    エンディングは今作も複数用意されていると思われるので、わざと悪政を貫いたりしてみるのも良いですよw

    シナリオも今までの例から行くと、史実に沿ったものが複数+仮想(勢力や細かい年代を無視、全ての武将が登場するモード)って感じになると思います。
    史実に沿ったシナリオは登場武将が限られていたりと、ちょっとした縛りがあるものの、大体その通りに事が運ぶとイベントやムービーが発生したりします。
    後者は何もかもが自由です。勢力は完全ランダム(自分でセッティングする事も可能)、自分で作成したエディット武将も登場します(シナリオ開始前のセッティングで登場可否を設定可能)。
    今作はエディット武将を100人まで登録できるようなので、エディット大好きな私は非常に楽しみだったり…w
    今回は武将プレイ中に与えられたミッションを達成したりなど、プレイ状況に応じて鎧などのパーツが増えるようです。無双4エンパもひとつひとつアンロックしていく方式でしたが、今作はパーツが豊富なので、かなりやり込む必要性がありそうです。猫耳コスが気になりますw
    攻撃モーションは無双武将の中から選択。
    「プレイヤーキャラとして最初から選べる武将じゃなくて、そんじょそこらの一般武将モーションを使いたいんだけど…」という場合は、従来は出陣する際に一般武将をプレイキャラとして選ぶしか方法が無かった(戦国無双2エンパを除く)んですが、もしかしたら今作は、従来どおり一般武将をプレイキャラとして選択できるのは勿論、戦国2エンパに倣ってエディットキャラに一般武将モーションを設定することが可能かもしれません。

    無双5といえば、あの賛否両論…というか、どちらかというと不評だった「連舞システム」が記憶に新しいと思いますが、激しく人を選ぶこのシステム、Empiresでも健在です(苦笑
    但し、Empiresでは連舞ランクが武器レベル依存になっているようで、無双5の頃のように、攻撃しない→ゲージが減る→連舞ランクが下がる→連舞パターン減少、というような「攻撃し続けないと連舞ゲージを維持できない」というようなシステムでは無いようです。
    武器を鍛えてやれば、最初から連舞ランク∞固定で戦えるという事ですね。

    BGMは今作も戦闘開始前に自由に選択できると思います。(HDD内のmp3が使用できるかは不明)
    無双5の曲は勿論ですが、従来作品の流れを考えると、もしかしたら真・三國無双1~5まで全曲収録される可能性もあります。(無双4エンパは1~4の楽曲が収録されていて、BGMとして設定可能だった)

    シナリオやイベント、ムービー等を重視するという人にはEmpiresはちょっと弱いですが、その辺を特に重視せず、SLG要素に強い苦手意識が無く、無双アクションが好きな人ならかなり楽しめると思います。
    また、自由度が高いので、エディットキャラや好きな武将を組み合わせてオリジナルのお気に入り勢力を築き上げたり、あえて自分でアレコレ縛りを設けたりなど、自分でいろいろ楽しみ方を工夫できる人であれば、間違いなくメチャクチャハマると思いますw
    逆に、無双シリーズには作業感しか感じられない、という場合にはオススメできません。
    Empiresはエンディングを迎えたりプレイ状況に応じてギャラリーが埋まったりなどちょっとした特典がありますが、大層なモノは特に無くとにもかくにも同じことの繰り返し、という側面もあるので、先述したとおりある程度自分で目標を立てて遊ばないと、すぐに飽きが来る、という可能性もあります。
    今作はもしかしたら、ギャラリーの他にも様々な特典や、トロフィーにも対応しているかもしれないので、繰り返しプレイにも耐えうる仕様になっている可能性がありますが、発売前なので現時点ではさっぱり…。
    ちなみに私は従来作品はいずれも10周はしています。中でも無双3エンパと戦国2エンパはかなりやり込みました(笑)

  3. tumigames@積んじゃうげーむず | URL | -

    長文感謝です!w

    いやぁ、もの凄い長文、感謝でございます~^^
    1回では頭で整理しきれず(笑)2回読ませて頂きましたw

    私の方も、なかなかコメントもできず申し訳ない~。
    でも、やはり大統領の書きっぷりが(語り口調?)私は大好きでしてw
    お互い忙しいですが、ゆるゆると続けていけたらヨイですね!

    さてさて、無双エンパのお話、どこの雑誌よりも詳しく大変ためになりました~。
    ありがとうございます~^^

    いや、この内容を見てるとかなり楽しそうでw
    SLG部分もそんなに難しく考える必要は無くって、無双のアクションが好きなら、イケル!
    とゆー感じでしょーか。

    無双はたまにやりたくなるんですよ~。
    ただ、キャラが多かったりするので、ストーリーをクリアする頃にだいぶ強くなってきたのに
    また違うキャラをストーリー最初っからーってのがちょいと苦手で。

    エンパはお気に入りのキャラを集めた勢力で
    長く遊べそうでちょっとヨイかも~と思いました。

    連武システムも、イマイチだと思ってた気がしてたんですが
    その頃の自分の記事を見たら割と好評価でした(笑)
    移動中にランクが下がっちゃうのは残念だった(よーな気がする)
    ので、固定になったのは嬉しいですネ。

    と、ゆーわけで、エンパ5、Amazonさんでクリックさせて頂きました(早!)
    価格もお安めですし、楽しみがまた一つ増えましたw

    でわでわ、ありがとうございました~^^

  4. President@どうやら管理人 | URL | ClNfsw5U

    こちらこそありがとうございました

    どうもこんばんは。

    Empiresは個人的に非常に気に入っている作品という事もあって、いろいろ書いているうちにヒートアップしてしまいましたw
    読みにくい長文駄文、大変失礼いたしました(´Д`;)

    早速クリックとはホントにお早い(笑)
    統一を成し遂げるとエンディングになるのですが、その時自軍に所属していた武将のステータスは引き継がれます。
    2周目以降、シナリオ開始前の設定にて「引継ぎあり」を選択すれば成長した状態でプレイすることが可能です。
    OROCHIのように熟練度等は無いので、キャラの成長云々はあまり気にせずのんびりプレイするのが良いと思いますよ。
    一般武将も含めるとプレイアブルキャラはそれこそ数百人にも上っちゃいますので…(苦笑

    発売まであと2週間。私も楽しみです。
    お互い頑張りましょう~(´∀`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/885-a98d1b61
この記事へのトラックバック


Recent Entry


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。