スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百聞は一見に如かず

2009年04月13日 21:10

ネットを見ていると、テレビやモニタを買い換えてHD画質のテレビ番組なりゲームなりを見ると、SD画質のそれとは比べ物にならないくらい非常に高精細且つ綺麗な映像で、別世界だとか別次元だとか綺麗すぎワロタwwwwなどなど、とにかく「桁違いの凄さである」と表現する人が結構います。
自分自身、PS3関連のスレはよく覗いているのでそういったHD画質に関する感想や凄さについての書き込みを見ることが多々あるのですが、この目で実際に見るまでは半信半疑だったというか、高解像度なので、映像がより繊細になる・綺麗になるっていう理屈はよーく分かっているのですが、頭では分かっていても、ケーブルとモニタを変えただけでどこまで変貌を遂げるのかイマイチ想像できなかったんですね。
コンポジットは論外としても、S端子以上になれば素人目にはそれなりに綺麗に映るワケで、ここから更に綺麗になる、別次元になる…というのはどういうこっちゃ?
いくら細かい部分まで見えるようになるとはいっても、テレビやモニタ自体が極端にデカくなるならまだしも、そんなに変わらない、ともすれば今回の私のように、25インチWEGA(SDブラウン管)から24.1インチVISEO(フルHD液晶)に微妙にサイズダウンしている人も少なくないというのに、ンな細かいトコまでよく見えて、まるで別世界のようになる…とは一体どういうこっちゃ?

もうとにかく「?」マークだらけだったワケです。
なので、今までの自分のHDに対するイメージはというと、「よくわかんないけど、とにかくきめ細かい映像表現が出来て、それはそれは綺麗になる」という漠然としたものしか持ち合わせていませんでした。
家電量販店などで大自然等の美しいコンテンツを映し出している店頭デモ等を見るにつけ、「これがHD画質か。綺麗だなぁ」と思って、その時は頭の中にその映像がインプットされても、時と共にどうしても風化してしまいがち。
これがゲームとなると、こちらは数えるほどしか見たことが無いため、少しでも時間が経とうものならすぐにその綺麗さやら何やらが記憶の彼方へ飛んでいってしまって、それこそ想像ができないワケです。

「綺麗になるのは分かってる。でもそんなに変わるのだろうか?」という気持ちを引きずったまま、VISEOのセッティングが終わり、PS3の映像出力設定を変更して、あらためてスイッチオン。
最初に立ち上がってくるのはいつもの見慣れたXMB

…のハズなんですが、この時点でまさに”別世界”。
1080pという事で何もかもが超高精細。それでいて、フォント一つとってもアイコン一つとっても、何もかもがクッキリハッキリと見えてそれはもう衝撃的でした。
フレンドリストのアイコンを見て、「あ、このアイコンってこんなところにこういう模様がついてたんだ」などといった様々な新発見が。

映像が綺麗になった…たったこれだけの事なのに、なんだか物凄く嬉しくなって、いろいろ見てみた。
まずは過去にPSストアからダウンロードしたいろんなゲームのPV。
既に何度か見ているものなので、そこまで驚くような事も無いだろうと思っていたら、実際はその逆で、どれもかなり新鮮。
720pのものでも充分綺麗でしたが、やはりフルHD(1920*1080)映像は素晴らしい。
ゲーム発売前に何度も見て、いい加減見飽きていてもおかしくないはずの戦ヴァルのPVを、まるで今日初めてダウンロードしてきたかのような感じで食い入るように見つめていた時には、思わず自分で自分に苦笑い。

アプコン性能を確認すべく、DVD(喰霊-零- 1巻)も見ましたが、ここでも「PS3スゲェ、VISEOスゲェ」を連呼w
もう、マジパネェっす。


描画性能や残像感等の確認のため、今度は適当にゲームをプレイ。
それなりに動きのあるゲームをやらない事には意味が無いため、アクション(みんスペ、無双OROCHI)、シューティング(STAR STRIKE HD)、レース(ミッドナイトクラブLA)をプレイ。

ここでもSD画質時代には気がつかなかった様々な新発見がありました。
スペランカーは途中、天井から吊り下げられた鉄球が振り子状に動いているトラップがあるんですが、今までは「黒くて丸い鉄球」としか思わなかった(認識できなかった)ものが、1080pだと、実はその表面はそこそこボロボロでそれなりに使用感(?)がある事に気がつきました。
こんな些細なことでも「スゲェ…」と呟きながらプレイしていた自分はどんだけ安っぽいんでしょうかw


とと、ちょっと話が逸れましたね。
VISEOにはMP ENGINE IIという残像低減機能が搭載されており、リモコンなどでOFF/レベル1~3の3段階で調節が可能。
数字が大きくなるほど残像が低減され、激しい動きを行ってもハッキリと見えるようになりますが、レベルを上げるのに比例して、画面の輝度は下がります。
OFFにすると最も明るくなりますが、やはり残像が少々気になります。
残像の度合いとしては

OFF>>>>1>2>3

といった感じ。

MPレベル1でも充分残像が低減されます。
また、このレベルだと輝度の低下も少なく済むので、個人的にはこれがベストだと思います。

無双OROCHIで右スティックを倒しっぱなしにし、常に視点がぐるぐると回っている状態でそれぞれのモードを試しましたが、輝度が低いのを除けばやはりレベル3が最も綺麗でした。
でも、トータルバランスを考えると、先述のとおり、レベル1が最強かもしれません。
無双系はわりと派手な動きが多いですが、レベル1でも充分自然にプレイできました。

その他のゲームに関しても従来(ブラウン管)となんら変わらない感覚で遊べました。
STAR STRIKE HDなんかも、画面の中を忙しなく動き回るゲームなのですが、MPレベル1でも残像が皆無に等しい状態で、大袈裟でもなんでもなく、液晶でゲームをプレイしているという事を忘れてしまう事もしばしば。
あ、あと、単なる隕石の欠片のクセにやたらと細かく綺麗に映えるようになったので、壊す快感がアップw

シビアな操作タイミングが求められるアクションやレース系をメインにゲームをプレイしてみましたが、いずれも入力の遅延などは特に感じられず、違和感無くプレイできました。

ですが、皆無というワケではありません。
普通にゲームをプレイする分には気が付きにくいというだけで、遅延自体は常に発生しています。
これはまぁ液晶の宿命みたいなものですので、仕方の無いことですが…。

そこで今度はPS3にbeatmania IIDX 15をセットして遊んでみました。
専用コントローラはPS3に接続できないため、デュアルショックでプレイする事に。
本来ならばPS2を繋ぐべきところなのでしょうがー…すんません、ちょっとめんどくさがっちゃいました。
すまぬ…すまぬ…!

で、実際にプレイした感覚としては、やはり気持ち早めに押さないと光りません。
が、極端に酷いという事も無く…、分かる人にしか分からない例えで恐縮ですが、アーケード版の初期のIIDXに近い感じです。
画面下部のラインよりちょい上で叩いた方がピカグレが出るってな感じ。
稼動当初の9thよりははるかにマシ。


ここで”スルーモード”の出番です。
これは、映像を出力するにあたって一切の補正等を行わず、遅延解消に全力を注ぐモード。
そのため、一部の機能や画面サイズが制限されるというデメリットがあります。

さてさて、スルーモードの実力やいかに…?



……


うーん、あんまり変わりませんでした(ぇー

これならおとなしくスルーモードを切り、MPモードを有効にした状態でIIDX側のオプションを弄った方が早いかもしれません。
ちなみに自分の場合は、判定タイミング「-2」で従来とほぼ同じ感覚でプレイできました。
とはいえ、上記の設定値がベストというのはあくまでも専コンとはストロークが大きく異なるデュアルショックを使用した状態での話なので、専コンを使う際はもう少し調整が必要かもしれません。

ただ、今回の試みでハッキリと言える事は、”IIDX側の調整次第で従来どおりのプレイが出来る”という点。
これは結構大きいと思いました。(これが行えるのは最近の作品のみですが)
降ってくるノートの残像についてですが、これについてもMPレベル1でまったくといっていいほど気になりません。
BPMの速い曲を何曲かやってみましたが、いずれもしっかりはっきりと見えました。


最後に不満点など。

今のところ2点あります。
が、いずれも対応策があるため、不満というほどでもなかったり…w


まず一つめ。


・余白部分のデフォルトカラーが何故か紺色


VISEOは16:10(1920*1200)であるため、画面サイズ「フル」以外だと、1920*1080の映像においても画面の上下に若干のスペースが出来ます。
このスペース、通常だと黒が最もポピュラーだと思うのですが、VISEOのデフォルト設定は何故か紺。
これはさすがにちょっと気になったので、説明書を見たところ、設定で変更が可能との事で、早速黒に変更して解決。

余談ですが、上記設定変更を行うにあたり、デフォルトで用意されているいくつかのカラーから選択するタイプなのかと思いきや、RGBそれぞれのバーを操作する仕様になっていてちょっと驚きましたw


二つめ。


・音量調節時の表示がOSD扱い


これは何が言いたいのかというと、通常、モニタの色やコントラストを変更する際にOSDメニューを呼び出してアレコレ操作すると思うのですが、VISEOの場合、音量調節を行うと画面上部に現在の音量がバーとパーセンテージで表示されます。
とまあ、ここまでは良いのですが、OSDメニューの中の音量設定項目を呼び出したときと同じ扱いなので、リモコンの音量ボタンから指を離しても表示がなかなか消えません。
音量調節のみ、テレビみたいに画面下部に緑色のバーや数字等で独立して表示させればよかったのに…。
しかし、一応これにも解決策がありまして、OSDメニューの中にOSD表示時間というのがあるんですね。何秒間放置したら消えるようにするかっていう。
これを最短の「10秒」に設定してやれば気になりません。

…うーん、不便(苦笑

まぁ自分の場合、音声は5.1chスピーカーから鳴らしていてボリューム関係は全部そっちで調整しているので、全く気にならないんですけどね。
ただちょっと、この仕様はどうなのかなーと引っ掛かりました。


以上、現時点での不満点はこんなところです。
ドット欠けも特に無く、ホントに良い買い物をしたなと非常に満足しています。


少し前まで「HD画質でゲームができればそれでいい。地デジ云々なんて二の次」なんて思っていたのですが、地デジチューナー内蔵のレコーダーが欲しくなってしまいましたw




三菱電機 MDT243WG 三菱マルチメディアワイド液晶ディスプレイ MDT243WG三菱電機 MDT243WG 三菱マルチメディアワイド液晶ディスプレイ MDT243WG
(2008/11/07)
不明

商品詳細を見る
関連記事


コメント

  1. コバ | URL | -

    いいですね~(*´∇`*)

    大統領に好評をいただけたようで、これで米政府がまとめてウン千台を仕入れてくれる事確定!やったね三菱!(ぇ

    HDは初めての衝撃はやはりありますよね~。私はソニーの32ブラウン管が初のHDだったので、固定画素ではなかったもののやはり「スゲー!」を連呼してた記憶がありますw でも遅延とか今になって思うと、あれは手放すべきじゃなかったかも・・・(・_・;) でもブラウン管だと32で重さ60キロオーバーなのですよ!液晶だと10キロ切ろうかという時代なのに!

    MP ENGINEは2になってかなり良くなったと耳にしますね。1の時は3段階の「1」(大統領オススメモード)以外は暗くて使い物にならなかったらしいですから・・。やはり個人的には中間画像を「作って」ブレを抑えるよりもインパルス駆動(擬似でも)の方が惹かれますね~。SEDが早く実現すればこんな苦労もないのに(T_T) ていうか、額縁のデフォルトが紺色という謎仕様に笑ってしまった(-_-;)

     うちの液晶は倍速は一つもなく、プロジェクターは倍速にするとお値段も倍になったのでw、60フレーム駆動のものしかありません。ちょっと大統領の感想を見て欲しくなってきたかも・・IOデータのを去年買った頃はVISEOがまだ高くて手が出なかったのですよ~。液晶の値下がり率にはほんとビックリです。

    それにしても、音ゲーにはタイミング調整がちゃんとついているのですね!液晶(というか固定画素ディスプレイ)では最低1フレの遅延は避けられないと聞きますが、ソフト側で対応が図られていたとは!我が家に長年眠っているダンレボがあるのですが、あれも対応しているのだろうか・・(アパートの1F住まいだったのが2Fになったのでマットプレイはもうできませんがw)まあ、対応していたとしても私のようなど素人では違いに気づけないこと請け合いですが(*´∇`*)

    地デジはバラエティとか見る時はあまり必要を感じませんが(あ、スマスマやぐるナイの料理はおいしく見れますw)、たまの映画とか自然系の番組(NHKとか世界遺産とか)だと力を発揮しますね~。スポーツ中継もなかなかです。個人的にお勧めはサッカー。サッカー自体を特に好きというわけではないのですが、ワイド画面がフィールドを見るのにちょうどいいのです。アナログだと「どこにパス出してんだ?」とわからないのが「おお、ここに走り込んでる奴がいるんだ」とわかりますw

  2. President@どうやら管理人 | URL | ClNfsw5U

    どうもこんばんは。
    購入してから数日が経過し、ある程度目も慣れてきましたが、それでもやはりこの画質を一度経験してしまうと、もうSD画質には戻れなくなりますね。
    PS2ではゲームが出来ない体になった…とまでは行きませんが、自分が想像していた以上に差があって本当にびっくりした次第です。
    今までもPS3のソフトを楽しんでいましたが、今回モニタを購入した事で、初めて”100%楽しんでいる”という実感を得られました。
    以前のテレビでもゲームそのものに満足はしていたのですが、画質が変わることでその満足度が更に突き抜けた感じです。
    無双OROCHIにしても、今までは「PS2より幾分綺麗だな」くらいにしか感じていませんでしたが、HD画質だとキャラクターのモデリングや顔グラフィックもしっかりハッキリ見えて、”幾分綺麗”から”かなり綺麗”にランクアップw
    モニタを購入して初めて「次世代機の無双」を感じ取れた気がします。
    5月の無双5Empiresも楽しみです。

    >ブラウン管だと32で重さ60キロオーバー
    重さがネックですよね。
    WEGAを購入した時も部屋まで運ぶのに少々苦労しました。
    でも同じHD画質を表現できるモニタなら、ブラウン管の方が遅延や残像がほぼ皆無なので、電気代と重さとスペース以外は最強という事になるでしょうね。

    >プロジェクターは倍速にするとお値段も倍に
    さすがにプロジェクターはハンパじゃないですね(苦笑
    元が結構値が張る製品なのに、それが倍となるとシャレにならないですねぇ…。

    >我が家に長年眠っているダンレボがあるのですが、あれも対応しているのだろうか
    音ゲーの遅延対策に関しては、最近になってようやく搭載された感じなので、DDRの最新作であるDDRXではもしかしたら遅延対策オプションが付いているかもしれません。
    それよりも前の作品になると厳しいのではないかと…。

    >地デジ
    世界遺産系やスポーツ中継等ではHD画質の恩恵をかなり得られるみたいですね。
    意外(?)なところでは、アニメも結構相性が良いようです。

  3. kenjin | URL | -

    早速満喫されておられるようですねw

    >IIDX
    専用コントローラーですが、コンバーター(ツナイデント等)を使って途中でつなぎかえるという荒業で使用可ですよ。

    モニター側でいろいろ遅延対策が設定できるのは良いですね。
    そういえばウチのZH500にもゲームモードなるものが…効果あるんですかね?(ぉ
    ちゃんとすぐに検証してるところがさすが大統領氏ですw

    >地デジ
    アニメは確かに良いですね。
    簡単に録画できるんで最近深夜アニメをよく見てます。
    あとは映画とかもワイド画面と相性GOODですよ。

  4. President@どうやら管理人 | URL | ClNfsw5U

    お久しぶりです。

    >コンバーター(ツナイデント等)を使って途中でつなぎかえる
    ほほぅ、そんな手があったとは…
    よーし、将来的に現在のWEGAを手放す事になった暁にはこれで行きます!!
    素直にPS2を繋げばいいのではというツッコミは(ry
    まあ、解像度の都合上、PS2だと全体的に粗くなっちゃうんでしょうけども。

    >簡単に録画できるんで最近深夜アニメをよく見てます
    いいっすねぇ。局や番組によってはHDで見れるってのが羨ましいです。
    REGZAだと、外付けHDDに録画できちゃうってのもいいですね。
    戦場のヴァルキュリアはDVDのリリースが決定してるんですが、BDも出して欲しいものです。
    PSストアでレンタルで見られる(SD画質版の方ならPSPにも移せる)ものの、HD版だと1話につき400円、視聴可能時間が72時間となると、どうにも食指が動きません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/871-64ef0ee1
この記事へのトラックバック


Recent Entry


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。