スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像以上

2009年01月19日 23:21

先日届いたレースドライバーグリッドがかなり面白くてハマりまくっております。
ゲーム内の所々で見受けられる「えっ、そんなとこまでしっかり訳しちゃうの!?」みたいな怪しい日本語に思わず苦笑。
とはいえ、ゲームの面白さ云々には無関係の部分ですし、全体的に超マジメな本作の中において、これらの親切すぎるといっても過言では無い日本語には正直和みまくりんぐ。
まあ、コース内の看板等の一部にちょっと怪しい日本語がある程度で、その他のメニュー画面の項目の説明文や、メニューやレース中に流れる音声には不自然な点は特にありません。
…あ、でも、ライセンス情報画面の日本カテゴリのところはちょっと生真面目に訳しすぎかな。
普通に「ルーキー」とかでいいのに、わざわざ「新人運転者」とかw

まあでも、全体的によく出来ていてホントに面白いです。
レースごとに難易度設定が可能だし、アシスト設定も都度変更が可能なので、レースゲーム初心者から上級者まで存分に楽しめるかと。ボリュームが多いのもイイ。
あと、各誌レビュー等でも取り上げられていましたが、レース中のインスタントリプレイ機能も斬新で非常にイイ感じです。

ゲームを始める前にマニュアルに目を通した時には、

「え、なんでわざわざレース中にその前後だけを切り取ったリプレイを再生できる機能なんか付けてるんだ…。DRIVERとかにはあったけど、こういう純粋なレースゲームには必要ないっていうか、そもそもそんな暇無ぇよ」

と、そんなものを付けてる理由がサッパリで、”海外ゲーには意味不明なチートがあったりするから、これもそういう外人のセンスで付けられてるモノなのかなぁ”と漠然と思っていたのですが、その機能の詳細と使い方を知ってビックリですよ。

レースに事故は付き物。
で、こういうゲームには必ずといっていいほど、”規定のタイム以内にゴールしろ”とか”○位以内でゴールしろ”みたいなイベントやノルマがあったりするワケですが、ゲームが進めば進むほど、これらの条件はだんだんシビアになっていき、集中力が最後までもたずにファイナルラップの最終コーナーでまさかのクラッシュ→条件満たせずサヨウナラ→ポーズメニューから泣く泣くリスタート…なんて事もままあります。
が、レースドライバーの場合、先述のインスタントリプレイ機能が付いています。
これを使用する事により、仮に最終コーナーで事故ったとしても、その瞬間にセレクトボタンを押してインスタントリプレイモードに入り、L2ボタンを押して事故る前まで巻き戻しを行った後、□ボタンを押してレースに復帰、その後は、これから迫ってくる最終コーナーで事故らないよう対策を行う、という事が可能。

そう、レースの最初からではなく、クラッシュ等のあらゆるアクシデントが発生する直前からやり直せるワケです。これは斬新且つ便利ってなモンですよ。(但し、一度のレースで使用できる回数には制限アリ)
「こういうガチガチのレースゲーはちょっと…」なんて敬遠してる人にも是非やってもらいたいですね。

フレームレートはレース中・リプレイ中ともに30FPS固定。
ですが、その分グラフィックやエフェクトには気合いが入ってます。
車のダメージ表現が非常に細かく、凹んだりウィンドウが割れたりするのは勿論のこと、塗装剥がれも表現。
また、ダメージを受けると挙動にも影響を及ぼすため、ボコボコにしちゃうと完走すらままならなくなってしまいます。

最近ではわりと当たり前になったドライバー視点も勿論あり。
インパネ周りもしっかりと作られていて、スピードメーターやタコメーターだけでなく、ブースト計など全ての計器がリアルタイムに動作。
ドライバーの動作については、ステアリングやシフト操作時における”手”は勿論のこと、ペダルを踏む”足”の動きも表現。これはなかなか頑張ってるなーと思いました。
ちなみに、ドライバー視点時にクラッシュでウィンドウが割れると、それに伴って音の聴こえ方も変わります。
窓が無い=外の音がダイレクト入ってくる、という事なので当然といえば当然ですが、そこまで拘ってる作品はあまり無い気がします。

コンシューマレースゲームの、(主にグラフィック面において)革命的存在・最高峰の作品はというと、自分の中ではやはりGTシリーズなんですが、こうやって海外のレースゲームにいざ触れてみると、このジャンルにおいても国内メーカーはうかうかしていられないのでは…と思っちゃいましたね。
アクション、特に箱庭系なんかだと、最近は海外作品の方が圧倒的に優れてたりして、国内メーカー置いてけぼり状態みたいな印象を受けるのですが、レースゲームにもその波が来ちゃってるんだなぁと、なんとなく実感。
まあこのテのリアル系レースゲームだと、国内はGT以外ほぼ皆無に近いので、とにかくポリフォニー頑張れとしか言い様が無いのがアレですが、まあ、アレですね。切磋琢磨してより素晴らしいものを作ってもらえればと思います。ええ。
個人的にはコナミのエンスージアも好きなんですけどね。2出してくれないかしら。

しかしまあ、初代PSのV-RALLYで初めてコードマスターズの作品に触れた時には既にコリンマクレーラリーやらGTなんかもあった関係で、かなーり地味且つちょっと微妙な作品くらいにしか思ってなかったんですが、いつの間にやらここまでレベルが上がってたんだなぁと、失礼ながらしみじみと思ってしまいました。

ネームバリューとかその辺の兼ね合いで、国内でGT5が発売された暁にはそっちの方がレースドライバーの数倍売れたりするんでしょうけど(自分も勿論買いますが)、レースドライバーも面白いんですよー、となんとなく宣伝したい。言いふらしたい。
こんなトコにそれを書いたところで全然影響ないだろうけど。でもホント好きです。
NFSアンダーカバーにはガッカリしちゃいましたが、これは面白い。

電プレのレビューでBAD要素のところに”読み込みの長さ”が挙げられていましたが、うーん、確かに「物凄く短い」とは口が裂けても言えませんが、べつにそんなに気にならない…というか、GT5Pと大差ないような(苦笑




国内メーカーはジャンルにもよりますが、無理に海外意識してリアル系を突き詰めるよりは、アニメチックなものもポコポコ出したほうが良いような気がするなあ。
最近だと「NARUTO -ナルティメットストーム-」とか。
こういう作品の方がかえって海外ウケが良かったりするんですよね。リアル系がダメだとは言わないけども。
やたらとアニメアニメしてる桐生ちゃんが出る龍が如くなんてそんなの…………ちょっとやってみたいかも(ぇー
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/808-f9d67f5a
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。