スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イイハナシダナー( ;∀;)

2008年12月30日 18:36

鉄道模型:早世した少年に夢の続きを 父の知人、江ノ電・江ノ島駅に寄贈 /神奈川 (毎日jp)
江ノ島電鉄:早世の少年に「辞令」 朋君、天国で乗務命ず(毎日jp)


138 名前: すずめちゃん(東日本)[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:17:07.00 ID:XcKMIFVL
-時刻表にない特別列車

平均時速20kmで鎌倉~藤沢間を34分で結ぶ江ノ島電鉄、通称江ノ電。今年で創業102年、年間乗客数は約2,700万人と多くの人に親しまれている。そんな江ノ電の社員には忘れられない出来事があった。
1998年9月14日、江ノ電本社の総務課長(当時)だった楢井進さんは、乗客からの要望や苦情などを一手に引き受けていた。膨大な数の手紙を前に殺伐とした日々を過ごしていた。ところが一通の手紙が彼の疲れを吹き飛ばした。楢井さんはその手紙をすぐに鉄道部次長(当時)の高橋肇さんに持っていった。
送り主はメイク・ア・ウィッシュオブジャパン、難病と闘う子供たちの夢を叶えるお手伝いをする団体だった。

東邦大学付属大森病院に入院する新田朋宏君(当時16歳)が、「江ノ電の運転手になりたい」という夢を持っているという手紙だった。朋宏君は生後7ヶ月で拡張型心筋症という、心臓の筋肉が薄く収縮に負担がかかり、心不全になりやすい病気であることが発覚した。数万人に一人の先天性の病気で、朋宏君の母親裕子さんも同じ病気だった。裕子さんは朋宏君が9歳の時に同じ病気で他界していた。
幼くして母を亡くした寂しさを癒すのは、大好きな電車だった。父の和久さんは休日のたびに様々な電車に息子を乗せた。外で思いっきり遊ぶことのできない朋宏君にとって、電車の力強さは憧れだったのだ。
そしていつの頃からか、電車の運転手になりたい、と言うようになっていた。思春期になると電車への思いはさらに強くなっていた。専門書まで読みこなし、その夢を持ち続けていた。全国の電車や時刻がわかるようになり、入院中には医師や看護士から「動く時刻表」と呼ばれ、出張前などには頼りにされていたという。
古い電車、中でも近かった江ノ電が特に大好きだった。


139 名前: すずめちゃん(東日本)[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:17:42.27 ID:XcKMIFVL
ところが15歳の時、病状が急激に悪化し、大好きな江ノ電にも乗れなくなってしまった。当時の主治医で東邦大学医学部の佐地勉教授は、内科的に治療が限界であり、最後の治療法である心臓移植も日本ではできない上、他にも悪化した部分があったために心臓移植の適用にも入らなかったと話す。病気を治すことはできない、その事実を知った父の和久さんは、電車の本を病室に運び、息子を励ますことしかもうできないと思っていた。そんなとき、生まれた頃から一家を見守ってきた佐地先生が、メイク・ア・ウィッシュオブジャパンのことを和久さんに話した。朋宏君に夢を聞くと、「江ノ電を運転したい」という返事が返ってきた。

こうして江ノ電本社に手紙が送られてくることになったのだ。高橋次長はすぐに「やろう」と返事した。しかし、まだ難病の少年にどのように夢を叶えてもらうか、明確な提案があったわけではなかった。生まれ育った江ノ島と江ノ電が大好きで入社した、労働組合書記長の岩崎幸司さん。当時は鉄道部で、電車のダイヤ調整や人員配置を担当していた。日々の忙しさに追われていた岩崎さんもこの日、少年の夢に出会った。
高橋次長が、なんとかならないだろうか、と協力を求めてきたのだ。どうしても彼の夢を叶えてあげたいと思ったのだが、まずは運転免許を持たない者にハンドルを持たせることも運転台に立つことも禁止されていた。国土交通省の鉄道運転規則は絶対に守らなくてはならなかった。


140 名前: すずめちゃん(東日本)[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:18:18.90 ID:XcKMIFVL
そこで、運転席に入って運転手気分を味わってもらうということで納得してもらうしかない、という結論に達した。
その提案でも、朋宏君はとても喜んだ。こうして彼の夢に向けてプロジェクトは動き出した。ささやかなイベントかもしれなかったが、電鉄会社の中では決して大手とは言えない分だけ、その日のうちに全社員に伝えられ、動き出すことができた。
具体的な夢の実現日は11月5日と決まった。病院との連絡を取りながら調整する役は楢井さんが当たった。 
乗りたい車種を聞くと、朋宏君は全車種を知っていて社員を驚かせるほどだった。一日のうちで最も暖かい時間にお気に入りの車両で藤沢~鎌倉間を走れるようダイヤを変更した。寒さは心臓病には禁物だった。
彼の病状はこの頃比較的安定していたが、それでも外出は日中の5時間が限度だった。
江ノ電は単線で、電車同士が駅ですれ違う。ダイヤは大変緻密に計算されており、作業のわずかな遅れがその後の電車運行に支障をきたしてしまう。岩崎さんたちは救急処置を含めたシミュレーションを何度も行った。そして何より、朋宏君の病状を案じ続けた。連絡係をしていた楢井さんは、ある事実を知った。朋宏君を出産後体調の思わしくなかった裕子さんは、外で遊べない息子のために電車のおもちゃをあげたという。
裕子さんは一度も一緒に電車に乗ることができなかったのだが、朋宏君は電車に乗るたびに「今度はお母さんと来ようね」と和久さんに話していたという。母と一緒に電車に乗りたいという気持ちが、運転手になりたいという大きな夢に繋がったのではないか。
その話を聞いた楢井さんは、一から考え直した。やはり、運転席に入れるだけでなく、運転手にしてあげたい、もう一度方法を考えて欲しい、と岩崎さんに話したのだ。岩崎さんもそれを承諾した。そして鉄道運転規則の中に「本線の運行に支障するおそれのない側線において移動するとき」は運転免許がなくても電車を動かせることを調べ上げた。 


142 名前: すずめちゃん(東日本)[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:18:47.54 ID:XcKMIFVL
車両の検査のために電車を走らせる引き込み線が江ノ電にはあった。電車の暴走など、考えられる危険すべてを排除するため、引き込み線と本線の分岐点には車両をクッションとして置いて安全を確保することにした。ちょうどこの頃、朋宏君の病状が悪化して、11月5日のイベントは中止となってしまった。楢井さんは暖かくなる春までの延期を提案したのだが、主治医からは「春まで持つかどうかわからない」という悲しい返事が返ってきた。朋宏君に「電車に乗れなかったら死んじゃう」と言われた和久さんは、とっさに「11月11日に乗れるよ」と返事してしまった。
こうして次のイベントは11月11日と決定した。

医者の許可も出たが、この日を逃すと寒さが厳しくなる。残されたワンチャンスだった。病院では看護士達がいくつものてるてる坊主を作った。雨が降るだけで心臓への負担はさらに大きくなる。医師達も準備万端で臨むことになった。
11月11日は、この時期にしては珍しいほどの暖かい陽気となった。江ノ電の用意した制服を着た朋宏君。まずは藤沢から鎌倉まで、大好きな電車で旅をした。この時、万が一の時に備えて病院が用意した救急車が必要な薬を全部乗せて併走していた。そして、普段はいくつか無人駅もある江ノ電だが、この日は万が一のために全ての駅に駅員が待機して朋宏君に敬礼を送った。全駅が有人になったのは、100年の歴史で初めてのことだった。 そしていよいよ引き込み線内で運転する夢の時間が始まろうとしていた時、朋宏君は自分から立ち上がり、運転席に向かったのだ。これには同行していた医師達もとても驚いた。プロの運転手に手を添えられてはいたが、朋宏君は江ノ電を運転したのだ。


143 名前: すずめちゃん(東日本)[] 投稿日:2008/12/30(火) 16:19:11.67 ID:XcKMIFVL
それから3日後、11月14日に朋宏君は母の下へ旅立った。あれから5年半、江ノ電本社には今も朋宏君が描いた江ノ電の絵が飾られている。江ノ電は今日も多くの人の夢を運び続けている。現在江ノ電では朋宏君の夢を受け継いで、9月1日の開業記念日に子供たちを制服制帽姿で運転席に入れてあげるイベントを行うようになった。全ての少年少女の夢を公平に叶えようということだ。
高橋さんは、親に連れられて子供の頃乗り、そして学生になり恋人と一緒に乗り、そしてさらに子供を連れて乗りにくる。そうして何世代にも渡って何回も乗って欲しい、そう話す。今日も江ノ電は、ゆっくりと走り続けているのだ。


───────────────────────────

脚色されている部分は少なからずあると思います。
これでもかと言わんばかりに、わざとらしいまでに、物凄い美談に仕立て上げられているという可能性も否定はできません。
「親父は”息子を褒めてあげたい”と言う前にまず江ノ電に感謝しろよ!」というツッコミもあるでしょう。

穿った見方をすれば、「一人の少年が親父共々鉄道会社や病院関係者を巻き込んで迷惑かけた」って話なんですが、それなのに…それなのに、これらの記事や書き込みを見た後の自分の目にはちょっと熱いものが…!クソッ!クソッ!俺弱すぎ!
俺ちゃんの涙腺の脆さは異常(´・ω・`)


それにしても

>当初は反対していた関東運輸局(横浜市)も「聞かなかったことにする」と黙認したという。

関東運輸局やるじゃん。


最初の記事には

>同社責任者は「素人に運転させた」とのおしかりが運輸省(当時)からくることを覚悟し胸に辞表を隠していたという。

なんて事が真偽はさておき書かれているワケですが…関東運輸局やるじゃん!(2回目)
今年の流行語大賞は「聞かなかったことにする」で決まりですね。



俺「玲愛さん結婚してくれ!!!」

玲愛「聞かなかったことにする」


GOOD!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/789-14da765e
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。