スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頼んでみるもんだ

2008年11月08日 23:10

今日はちょっと遠くの客先に用事があったため、会社の車を借りてほぼ一日中走り回っておりました。
同僚は同僚で急用が入ったとの事で結局単独で行く事に。

一段落ついたところで、今日中に終わらせなきゃならない仕事を思い出し、慌てて一旦帰宅。
「車があってよかった」と安心したのも束の間、自分が住んでいるマンションには駐車スペースが無いという事に、エントランス前で停めたところでようやく気づくw

これが10分や20分ほどで済む用事なら、ハザード付けてその辺にテキトーに停めときゃ問題無いんですが、どう少なく見積もっても2時間くらいは超余裕でかかっちゃいそうな雰囲気なワケですよ。
まさに、どうする?ア○フル?状態なワケですよ!
付近にコインパーキングの類は無いし…。うーん、どうしたものか…。

と、悩む事15秒。はや!


自宅近くの普段世話になりまくっているコンビニの駐車場を使わせてもらおう!という斬新且つビューティホーワンダフォーなグッドでナイスなアイディアが急浮上。
ここのオーナーらしき人物とは普段からそこそこ挨拶やら雑談やらしてるし、女の子の店員さんには会計時に財布を開いた際、俺ちゃんがe-AMUSEMENTパスを持っていることを看破され、「私もドラムとかやってるんですよ~」なんて、ちょこっと音ゲー話に花が咲くなど何かと付き合いの深いコンビニなのである。
っていうか、今度その子誘ってゲーセンでも行ってみようかしら。


閑話休題。

そうと決まれば善は急げ!っつーワケで早速車を停めて店内へ。
ちょうどオーナーが商品を陳列中。これはチャンスとばかりに声をかけてみる。

俺「こんちわ~。あのー、すみません、ちょっとお願い事があるんですけど~」
オ「あ、毎度どーも。何ですか?」
俺「今日ちょっと会社の車乗ってきてて、自宅前の道路にずっと停めておくワケにもいかないので、もし可能であれば店の前の駐車場を貸していただけませんか?」
オ「んー、別にいいけど、時間はどれくらい?」
俺「えっと、2,3時間ほど…」

時間を伝えた直後、少しばかり首を傾げて悩みこむオーナー。
まあ、無理も無い。
大通沿いという事で一日の来客数はかなりのものであるにも関わらず、駐車場はそれほど広くない。
そんな貴重な駐車スペースに何時間も居座られては店にとって迷惑でしかないだろう。

「やっぱ無理だよなぁ…」と思い始めたその時、


オ「あー、いいよいいよ。停めていきな~」



もうね、都会にもあったかい人がいるのだと俺は痛感したね。その場で泣いたね!泣き崩れたね!!涙で店内が洪水になっちゃって、棚の下段にある商品の一部がプカプカ浮いてたもん。


いやーでもホントに助かりました。
今日はいつもよりも多めに買い物をしていったのは言うまでもありませんw





・おまけ


一旦帰宅して仕事をしている最中にレッスルエンジェルスサバイバー2ご到着~。ちよる可愛いよちよる。
パッケージにフレイア鏡姉さんがいるなんて、スタッフはよくわかってるねー。うんうん。
(・∀・)イイヨイイヨー
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/774-d386b76e
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。