スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱体化

2006年06月12日 20:34

体調によるものなのか、歳によるものなのかよくわからないのですが、最近になって急に3D酔いしやすくなってしまいました。
60FPSの作品だと滅多に酔わないのですが、30FPSでわりとグリグリ動くものになると途端にダメです。ダメダメです。
おかげでGTAや大神、BLACKなど、これらの作品を集中して何時間もやり込もうと思っても、すぐにギブアップしてしまいます。

最近寝不足気味なんで、そのせいだと思いたいんですけどねぇ…。
加齢による三半規管の衰弱、とかそんなんだったら激しく嫌だなあ。まだ20代なのに('A`)
でも、乗り物に乗ったときや、同じ3Dゲームでも60FPSだと問題ないので、老化によるものではない……と思いたい。

ところで、酔い止めって3D酔いにも効果を発揮するのでしょうか?
効くんだったら飲んでみたい気もするのですが…あ、いや、たかだかゲームくらいでいちいち服用するなんてバカげてる事だとは思いますが、もし快適にプレイできるんだったら時々飲んでもいいかなぁ、なんて。

でも、乗り物酔いと3D酔いとでは、気分が悪くなるという部分では同じですが、そこに至るまでのプロセスが違いますよね。
乗り物の場合は、その乗り物自身の”揺れ”から来るいわば体感的な部分が大きいですが、3D酔いの場合は視覚的な部分が殆ど……というかこれだけですし。
とはいえ、影響の受け方に違いはあれど、三半規管の機能低下によって気分が悪くなるという部分では一緒だろうから、体感とか視覚的とかそういうのは関係無しに効くって認識でOK…なのかな?



……

ちょっと気になったので調べてみました。
うーん、どうやら酔い止め薬というものは、嘔吐中枢に車の揺れなどから来る”振動”を伝える神経の働きを一時的に無効化し、振動などが気にならないようにする事によって、気分が悪くなるのを防いでいるようです。
三半規管の働きをどうこうするっていうシロモノでは無かったんですねぇ…。

視覚と実際の体の動きとの”ズレ”によって生じる3D酔いでは、酔い止めの効果は期待できないかも。

うーむ困った。
…って、規則正しい健康的な生活を心がけるようにすればいいだけか。

でも0時前に布団に入ることなんてホントに稀なんですよねえ。
体がすっかり慣れきってしまって、よほど疲れている時以外は全然眠くなりません。


…いや、待てよ?

このCDを聴けばたちまち眠くなるかもしれない!!11!!

正直、「なんじゃこりゃぁああああ!?」って感じの商品ですが、ファンなら買い!  …か?
大丈夫?ファミ痛の攻略本だよ?(関係ない

いや、確かにファンだし出身地同じだし生年月日も同じだし百人一首やった事あるし水銀燈好きだし朝一で牛乳飲むと高確率で腹壊すし今朝寝坊しそうになった俺だけど、この商品はどういう層をメインターゲットにしてるんだ?やっぱりファンアイテム?

…まあ、これはこれでアリだとは思いますが。
それに、CDプレーヤーのランダム再生を使えば詠み人いらずですからね。一人百人一首も可能に!こりゃ凄い!


百人一首なのに一人でプレイ、たくさん札が取れそうですね^^
ってやかましいわ!wwwwww
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/74-db1a25fc
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。