スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・本日の絶絶2

2006年04月05日 20:22

佐伯編進行中です。
途中、田辺知事の秘書である青山という男に出会い、協力を得て、佐伯の兄を殺害した真犯人を探すことに。
「そんな事より早く街から脱出した方がいいのでは?」という野暮なツッコミは(ry
この大統領、街が水没するギリギリまで真犯人捜索を続ける所存でありますッ!!(実際はどうなるかわかりません)

よーしそれじゃ頑張るぞー!
…と思った矢先にまたもやテラウザス刑事(デカ)が!!
走って逃げるものの、逃げた先は崩れた土砂により行き止まり。
銃を向けられ、誰もが諦めかけたその瞬間!



タイミングよく土砂崩れキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

ついでに刑事押し流されタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

水や土砂にこの刑事が押し流されるのは実はこれが2度目です。
1度目は運良く助かったようですが、今度はきっと助かるまい!バーカバーカwwww
銀様風に言うと「おバカさぁん」

流されたあとで選択肢が出るのですが、即座に3番目の「アハハハ!良い気味だわ!」を選ぼうとした(選んだ)のは私だけでは無いはずw
まあ、1周目は真面目プレイをするということで、とりあえず無難な選択肢を選んでおきました。
誰が心配なぞするものか!!バーカバーk(落ち着け

序盤、警察署から逃げる途中で「婦警服」を手に入れることができるのですが、なんと帽子に関しては同行者の青山にも装備できるというどうでもいいとんでもない新事実を発見。
基本はシリアスなのに、こういうおバカな要素がたくさんあるというのもこの作品の魅力の一つです。
早速装備させて深夜にもかかわらずまた爆笑。

ここで画像を晒すと思っていたそこのアナタ。残念でした。
これは私一人で楽しむ事にします。どうしても見たい人は絶体絶命都市2を買うわやめろなn

じょ、冗談ですよ冗談(;・∀・)

実は帽子をかぶせただけでもかなり笑えたのですが、その後さらに面白い装備品をゲットしたもので。

そのアイテムの名は……


鼻ヒゲメガネ~~~(ドラ○もん風に)

そうです。パーティーグッズなどでおなじみのアレです。

これもあわせて装備させる事により、青山の漢度が大幅アップ!これぞまさしくビューティーコロシアム!!


佐伯:「ちょ、ちょっと…。そんなに顔近づけないでよ。」

なんて眩しいんだああああああ!!!
なんという事でしょう(番組違

↑の画像を撮影する際、笑いを必死にこらえていたのはヒミツです。
画像だけではなかなか伝わらないかもしれませんが、このカッコでまともな事を淡々と喋られると結構クるものがあります。

なんだかだんだん、シリアスよりもおバカネタ比率のほうが高いような気がしてきましたが…いや、きっと気のせいでしょう。うんうん、そうだそうだ気のせいに違いない。

ネタといえば、ゲームそのものもそうですが、公式サイトの方もなかなか凝ってますね。
ゲームの舞台となっている富坂市のホームページがあったり、さらにその中には架空の広告バナーがあったり。
次世代ゲーム機(もちろん架空)の紹介には笑わせてもらいました。
ソフト紹介のところの「リアス式海岸をつくろう!」ってwwwwちょwwww
「うっふんおほほ」もちょっとツボ。(オリジナルタイトルを知らないと笑えないかもしれないですが)
「絶体絶命横丁」と「超大作新感覚RPG(仮)」は是非ともやってみたいw

というか、こういうネタを考える労力をそのまま絶絶2にまわしてネタの更なる充実化を図れと何度も(ry


以前書いたとおり、システム面など細かいところで不満はありますが、それらを補って余りある魅力があります。
全体的にボリュームが薄い(らしい)のが残念といえば残念ですが、箱庭ゲーが大好きな自分にとっては2周目を終えた後もダラダラと遊び続けそうです。
TPが減少する都合上、いつまでもボーっと街や建物を眺めることが出来ないのが残念です。
エースコンバットゼロは一度クリアすると自由に空を飛びまわることが出来るモードが追加されるようですし、これも自由に街を歩きまわれるモードがあればよかったなあ。
…わがままですかそうですか(´・ω・`)

基本は一本道ですが、その過程においてはそこそこ自由度があるので、その中で自分でいろいろ工夫をして遊ぶことができる人にとっては楽しめる作品だと思います。
逆に、使用する機会が殆ど無い無駄なアイテムの存在が許せなかったり、所々で垣間見ることができるおバカなノリについていけない、理解できない人にとってはちょっと辛いかもしれませんね。
あと、以前、「万年処理落ちしてるわけじゃない」と書きましたが、すみません、軽微なものも含めると処理落ちしているケースが多いです(´Д`;)
個人的にはそれほど気にはならないですが、これはもう人それぞれだしなあ…。
機会があれば体験版や店頭デモなどに触れてみた方がいいかもしれません。
個人的にはオススメですけどね。雀・三國無双のアレな出来に凹んでいた分、この作品が神々しく見えます(大袈裟
見事、「売却しないぞリスト」への殿堂入りを果たしました。

メーカーとしては「3」を作る気があるようですが、次が出るとすれば今度はPS3ですかねぇ。
災害から逃げ延びる、というコンセプトは秀逸だと思います。
あ、あと、所々に散りばめられたおバカテイストもw
次もこんな感じでお願いしたいですね。完全新作ではなく、前作のリメイクでもかまいません。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/6-3aafa6d7
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。