スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あづー

2007年06月03日 21:55

暑い。
メチャクチャ暑い。
天気がイイのは良い事ですが、とにかく暑い。


なので、今日は家でゴロゴロ。
こんな暑い日にどこか出かけるなんて考える奴はおかしい、絶対おかしい。ばか!ばか!まn(ry

とまあそんなワケで、今日はろくに外出しておりません。
犬の散歩と洗車をしたくらい。



フォークスソウルの体験版をダウンロードし、早速プレイしてみました。
容量がおよそ1GBと結構デカいわりにあっさりと終わってしまうのが残念。
いくら体験版とはいえ、このボリュームではハッキリ言ってメーカーにとってもユーザーにとっても損だと思います。
元々まったく期待していなかった分、それなりに楽しめましたが「買おう!」とまでは残念ながら思えませんでした。
数少ないPS3オリジナルタイトルの一つなので、売れて欲しいところですが……うーん(苦笑


いや正直ね、あのボリュームじゃ面白さが伝わってこないんですよ。
区切りがいいっちゃあいいですが、ブッタ切る部分が微妙にズレてるっつーか…。
「これは続きが気になるなぁ。面白そうだしいっちょ買ってみるか!」と思わせてくれるような終わり方じゃないんですよね。
「なるほど、基本はこんな感じか。ほうほうそれでそれで…? って( ´゚д゚`)えーーー!もう終わりー?」と、こんな感じ。
チュートリアルがあっていろいろと教えてくれるものの、ほんの触り程度…どころか触れられない部分を数多く残したまま終了。

「体験版なんだからいきなり全部触らせてもらえるわけねーだろ…常識的に考えて…」
とお思いになるでしょうが、ゲームを進行する上で本当に基本的な部分でこのありさまなんですよ。

道中、攻撃や防御手段としてこのゲームの進行上欠かすことの出来ない”フォークス”の強化方法を説明してもらえるんですが、これについても少々中途半端。

強化方法は大きく分けて二つ。
吸収したフォークスを使役して敵を倒し、その魂を規定数吸収するか、もしくは特定の強化用アイテムを規定数集める…といったところ。(製品版ではゲームの進行に伴いさらに様々な条件が増えるかもしれません)

このうち、体験版で体験できるのは前者のみ。
後者については、なんとなく頭の中で想像できるものの、できればこれも試してみたかったですね。
アイテムを集めた時点で勝手に強化されるのか、それとも自分でメニュー画面を開いてそこで何かやる必要があるのか等を自分の手と目で確認しておきたかった。

敵の沸くポイントや数は固定っぽいし、進行ルートもほぼ一方通行且つおもいっきり限定されているので、いろんなところを行き来してコツコツとアイテムを稼ぐ、ということができないんですよね。
製品版ではゲームが進行すれば敵がどんどん出現したり、もっともっといろんな場所へ自由に行けるようになるとは思いますが、体験版をやった限りではなんとも…。
できればそうあって欲しいですが、そういった事を匂わすような気の利いたセリフやコメントの類は一切無いので、実際、製品版ではその辺どうなるのかがさっぱり。
せめて一言、「やれる事や行ける場所が超限定されちゃってるけど、これは体験版のみの特別仕様」的なコメントがあれば、多少は「こいつは楽しみだぜ!」などとワクテカできるってなモンですが、これは…。

つくづく微妙な体験版だと思いました。
NINJA GAIDEN∑なんかは特別に最初から様々な武器が使用できたり、ストーリーモードの他にミッションモードも搭載、レイチェル使用可能、インターネットランキング対応…などなど、非常に購買意欲をそそられる内容でした。
今はちょっとバタバタしているのと、いろいろと余裕が無いため、すぐに購入!というワケにはいかないですが、そのうち買おうかなと思っています。


閑話休題。

えーと、ジャンルが「アクションアドベンチャー」という事で、会話イベントが多いです。
見せ方は、良く言えば”わりと新鮮”、悪く言えば、”味気ない”といったところか。
イベントシーンでは画面上で背景がスクロールしたりキャラクターが動いたりしつつ、フキダシが表示されて会話が進行。
画面右下には常にボタンガイド表示がついており、△ボタンでスキップ(倍速になるだけですが)、○ボタンでページ(シーン)送り。

まあ、進行操作そのものは非常にオーソドックスなものですが、テンポが少々悪いのが気になりました。
ページ送りに○ボタンを押す、というのはごくごくありふれた操作なので、これについては特になんとも思わなかったのですが、問題はひととおりイベントが終わった後。
画面が暗転して通常の画面に戻る…という流れなんですが、この時、画面右下には「○ボタン:終了」というガイドが表示され、ここでも○を押さなくてはいけません。
最初はガイド表示に気づかず、イベントが終わって真っ暗になった画面をしばらく眺めてましたw
元の画面に復帰するのにいちいち「○押せ」とかねーよ…(´・ω・`)
イベント終了後のボタン操作は不要だと思います。先ほども書いたとおり、テンポも悪いですし、せっかく話にのめり込んできても、「○ボタン:終了」なんて文字を見てポチッとボタンを押すたびに、現実に引き戻されちゃって没入感もイマイチ。

戦闘は自分が想像していた以上にアクションアクションしてて、個人的には満足。
フォークスの成長要素なんかもあるので、わりと面白いです。
○△□×それぞれのボタンに割り当てたフォークスを使役して、攻撃や防御を行い、敵を倒したら今度はその魂を吸収。
魂を吸収するには、R1ボタンを押してロックしてから、魚を釣り上げるような感じでコントローラをグイっと引き上げればOK。この動作が意外と面白い。
複数の魂を一斉にロックしてまとめて釣り上げた…じゃなかった、吸収した時の爽快感はなかなかのものです。
魂を一度に複数フィッシュ!…じゃなかった、吸収するとexpボーナスもつくので、積極的に狙っていきたい。

ボス戦ではタイミングを見計らいながらコントローラを傾けたりと、独特な忙しさがあります。

ぶっちゃけ、アクションアドベンチャーじゃなくて、釣りアクションに改名s(ry


この戦闘システムは素直に面白いと思いました。新鮮且つ斬新。
でも、飽きが来るのも早いかもしれないなあ…。
一度飽きてしまうと今度は”ウザったい作業”としか感じなくなるかも…。
物凄く疲れる動作、ってワケじゃないですが、同じ”作業”でもボタンをひたすらポチポチ押していくのとはまた違いますからねぇ…。
ゲーム作りって難しいね(´・∀・`)

ちなみに、L1を押すとターゲットのロック、R2を押すと回避動作が可能です。
っていうか、ゲーム内でこの説明来るの遅すぎ('A`)
こういう大事な事は初めて敵と戦うときにすぐに教えなさいよ…>チュートリアル



そんなワケで、そろそろまとめに入りましょうか。
えーと、体験版をやった限りでは可もなく不可もなくといった感じでした。ぶっちゃけ微妙。
まあ、体験版そのものの出来が悪かった(ちょっと不親切なチュートリアル、ボリューム不足など)せいだと思いたい。

つまらないワケではないので、安くなったら買うかもしれません。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/431-67afba18
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。