スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猟奇殺人だけが”惨劇”じゃない

2007年02月26日 21:06

konozamaイヤッホーゥ!!!
というワケでこんばんは。大統領です。
ようやくソフトが届きましたYO!





──惨劇に、挑め。


というワケで早速挑んできます!(`・ω・´)b



そう言うと俺はすぐさま左側のソフトを手に取った…。


惨劇といえばやっぱコレですよねー。
「大量地獄」というタイトルが放つ独特の 地雷臭 オーラ、そして、実際に触れてみた時に痛感する事になるであろうゲーム内容の クソっぷり 素晴らしさに俺は打ち震え、悶絶する事でしょう。
操作感ひとつ取ってもまさに”惨劇”という表現が相応しい迷作であると、私は信じています。というか実際にパッケージを目の前にしてひしひしと感じております。
ゲームプレイ中に別の意味で「うわああああ…(AAry」となる自分が容易に想像できます。
今までにこれ以上の惨劇に出くわしたことがあっただろうか。いや、ない(反語)

こいつは怖い!怖すぎる!!(別の意味で)
(別の意味で)名作の臭いがプンプンするぜーーーーッ!!


なんという地雷…
いろんな意味で 萎えて ワクワクしてしまった。
このゲームは間違いなく(別の意味で)歴史に名を残す(AAry
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/333-75b7e96a
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。