スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外や意外

2006年12月01日 19:25

キッド:負債額約5億3000万円、自己破産申請へ(毎日新聞)

(ほぼ)美少女ゲームオンリーメーカーであるKIDが不渡り倒産。

「ギャルゲーなんて制作費そんなにかからないし、どんな作品にも必ずといっていいほど一定数の固定ファンがついているから安定して食っていける」

などという言葉をそれはもうかなり前からネット上で見かけたり聞いたりしていたのですが、それでやっていけるというのも今は昔の話って事なんでしょうかねぇ…。
意外です。
関連記事


コメント

  1. ぽちょむ君 | URL | Tj1r2rQU

    はげどう

    リンク先ではなく1行目を読んだ時点で
    「えっ、マジ?」と思わず口に出ました。

    PCヒット作品の移植が大部分なんで、普通にやっていけてると思ったんですが…

    今後はインチャネの独占になるのか?>移植

  2. President@うぇぶますた | URL | ClNfsw5U

    不思議なモンですよねぇ。
    ギャルゲーって、その辺のアクションやらRPGやらをプレイする層とはまた別のファンがついていて、携帯機が好調だろうがなんだろうが無関係だと思っていたのですが…。
    キッドはキッドで結構なペースでソフトをリリースしていたので、てっきり好調ゆえのハイペースリリースかと思っていたのですが、実際は逆だったなんて…。
    なかなか売れないためにさっさと新作を投入して小銭を稼ぐ…なんだか音ゲーみたいですね。
    あっちもモタモタしてたらあっという間にインカム落ちますし。
    12RIVENはどうなるのやら…。

    >インチャネ
    どうなるんでしょうかねぇ。
    そのインチャネはインチャネで、海外のメーカーと提携したりといろいろ動いてるみたいなんですよね。
    今月購入予定のTOCA2も販売元はインターチャネルですし。
    ”経営に行き詰ったらギャルゲー”の法則はもう通用しない時代なのかもしれませんね。
    PCからの移植モノばかりというのも問題かも。
    実際に手にとってやりまくってるワケじゃないですが、なんというか、タイトルを見るだけで食傷気味というか。
    オリジナル作品が無いのはちょっと寂しい。
    個人的には火魅子伝がかなりお気に入りなんですけど。
    詰めが甘い部分はあるものの、何周もやりこみました。
    アニメやCDなどのメディアミックス展開を行ったものの、そっちは全然奮わず…。
    ゲームと文庫本とコミックしか買ってない私は勝ち組です(何

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/246-8e1ffb7d
この記事へのトラックバック


Recent Entry


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。