スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残りは(ry

2006年10月14日 22:18


THE 逃亡プリズナーだけ届きました(´・ω・`)

THE タクシー2を受け取るのは来週の月曜日ですかね。
届け先には職場を指定しているので…。
営業所に電話をして、自宅に持ってくるようお願いするという手もあるのですが、親が「何を買ったんだ?」といちいち首を突っ込んで来そうなので、ここはとりあえずガマン。

自分から営業所に取りに行く、という選択肢もありますが、”最寄”とはいっても二つ隣の町(車で片道30分ほど)にあるので、めんどくさいやらガソリンが勿体無いやらでとりあえずボツ。
たかだかSIMPLEのソフト一本取りに行くのに交通費をかけるのも馬鹿馬鹿しいのでやはりここは大人しく月曜日を待つのが得策ってなもんでしょう。

買い物だとか遊びに行く予定があれば、そのついでに…という事もできますが、あいにく明日はそんな予定は無いし、仮にあったとしても普段ゲーセンや買い物に行っている街はこことはまるっきり反対方向なんですよねぇ…。
クソッ、なんて時代だ!


仕方ない。ドライバーとこの逃亡プリズナーをのんびりプレイしつつ待つとしましょうか。

2chのSIMPLEシリーズスレを覗いたら、早速地雷認定されててワロタ
あまりにも笑いすぎて目から…汗が…

(´;ω;`)ブワッ


まあ、所詮SIMPLEだし常にクソゲー界に片足突っ込んでるのはいつもの事ですよ。
今更ガッカリする事なんてありません。「地雷かよ!ちくしょおおおおお!!」と怒り狂う必要もまったくもってありません。
あの仙道さんも「まだ慌てるような時間じゃない」と仰っています。

プリズナーでクソゲー分とストレスを溜めつつ、ドライバーとタクシー2でストレス発散。
溜めて、発射( ゚д゚)


…発射( ゚д゚ )



2回言うな!こっち見n(ry


まあ、そんな感じである程度ローテーション組みつつやれば、クソゲーだとは感じないと思います。
「つまんねぇゲームだなあ(笑)」で済むんじゃないかと。

え?プレイする前からネガティヴになるな?ごもっとも。
ファミ痛でも一人だけ6点つけてる奴がいましたし、もしかしたらやり込んで行くうちにふとしたきっかけで 洗脳 ハマるかもしれません。


昨日届いたDRIVER PARALELL LINESですが、早速プレイしています。
相変わらず一部のミッションはわりとシビアですが、前作の「DRIV3R(ドライバー3)」と違い、車メインなので、初代DRIVERにハマりまくった私にとっては非常に好印象。
前作はGTA寄りのテイストで、車だけじゃなくボートに乗り込んだり、車から降りて徒歩で建物などに入って敵を撃ったりなど、初代DRIVER以来ぶりの私にとってはいろいろと衝撃的な作品でした。
GTAっぽくなって面白いと感じていた反面、「こんなのDRIVERなんかじゃない…!」と思っていたのも事実。

GTAっぽい要素を取り入れたまでは良かったものの、なんだか非常に中途半端だったような気がします。
GTAっぽいけどGTAじゃない、DRIVERなんだけどDRIVERっぽくない、みたいな。
実在する都市をまるまる再現したり、グラフィック、車の挙動は非常に素晴らしかったのですが、ゲームの内容的には(純粋に”DRIVERシリーズの最新作”として期待していただけに)イマイチ肌に合いませんでした。

今回のPARALLEL LINESも車の乗り降りが可能なので、これも一応GTAっぽい流れを汲んではいるものの、ミッション内容は殆ど車がメインで、初代ファンの私としてはまさに「これぞDRIVER!」って感じで、終始顔をほころばせながらプレイしています。
マシンのチューンやカスタマイズが出来るというのも○
グラフィックの質は前作と比べて若干落ちたような気がしないでも無いですが、ニューヨークの広大な街をしっかり再現しているあたりはさすがって感じですね。
んで、その広大なマップをシームレスで走れると。
その代わり、当然の事ながら裏では常にデータを読み込んでるんですけどね。頑張れPS2。
でもまあ、そのかいあってか、一度ゲームを開始すると長いロードってのは皆無に等しいですね。
ミッションのリトライなんかも即座に出来て全体的にテンポが良いです。


残念な点は今のところ二つ。

一つは初代DRIVER、いや、古くはデストラクション・ダービー時代から存在していたリプレイおよびリプレイ編集機能がなくなったこと。
Reflectionsといえばやっぱコレは欠かせないでしょうに(´・ω・`)

この機能についてはそれほど不評では無かった、というかむしろ歓迎されていたような気がするのですが…。
うーん、メモリの都合上やむを得ずカットしたって感じなんでしょうか。

二つ目は画面縦横比設定がワイド贔屓(?)な点。
通常のテレビ(4:3)にPS2を繋いでいるので、画面縦横比設定を「スタンダード」にしてプレイしているのですが、何故かこれを選択すると車や人、建物など画面上の全てのものが縦長に。
車なんか微妙にチョロQっぽくなります。

んで、試しにワイド設定にしてみたら、これがなんとごくごく自然なグラフィックになるではありませぬか。
ワイドテレビ用にグラフィックに補正がかかる、というのではなく、画面の上下に映画のような黒い枠がつく所謂マスキング・ビスタ方式に。

通常のテレビを使用していて、画面設定をワイドにした方が車などが自然に見える、というのはどういう事?
上下に黒い枠が入ってしまう分、画面が非常に狭く、小さくなるのが難点ですが、そこに映る車などは非常に自然。
スタンダードに戻すと画面いっぱいに映像が映るが、その代わりそこに映っているもの全てが縦長に…。

AQインタラクティブはあくまでもローカライズにしか手を出して無いだろうし、こりゃ明らかに開発元の設定ミスですね。
ワイドにしろスタンダードにしろ、ワイドテレビに映した時の状態を基準、というか、前提にした描画の仕方をしているような…。

グラフィックの自然さをとるなら断然”ワイド”ですが、画面が狭くなるので泣く泣くスタンダードでやってます。
慣れれば違和感を感じなくなるとはいえ、ちょっとこれは痛いですね。
ゲーム内容が良いだけに、これだけは本当に残念です。

まあ、後者はワイドテレビ所有者にとっては関係の無い話でしょうけど(苦笑

でもこの感じだと、ワイドテレビを使っている人もスタンダードで丁度良いのかもしれないなあ。
ワイドテレビに接続してて、そこからさらにワイド設定にすると車や人がおもいっきり横にのっぺりとしてしまいそうな気が…。

いずれにせよ、あまりにもお粗末ですね。
これ以外の設定項目は特に問題ありません。おかしいのはこれだけ。


洋ゲーつながり…ってワケでもないですが、先日購入したブラッドレインの方もプレイしています。
洋ゲーというと、とにかく難しいという印象が強いですが、この作品はかなり丁寧に作られてますね。
アクションも豊富、クール、カッコイイと三拍子揃ってますし、主人公のレインがこれまたカコイイ。
敵の血を吸う事によって体力を回復する事が出来るんですが、ただ敵にしがみつくだけじゃなく、そこからアナログスティックで自由に向きを変えられるので、血を吸っている間そいつを銃弾などの盾代わりにできます。
んで、その状態でR1を押すと相手の首の後ろにまわしている手に握っている銃で他の敵を倒せたりとか、アクションそのものは飽きさせない作りになっていると思います。
ブラッドレイジとかオーラセンスなんかもあるし。

詳しいレビューについては、ゲームの方をもう少し進めて後日書こうかなと。
とりあえず”予定”ですが。


一昔前と比べるとここ最近の洋ゲーはホント遊びやすくなりましたねぇ。
全部が全部ってワケじゃないですが。
PCゲーなんかになると、今でも結構ドギツイ難易度、センスの作品が多いですからねぇ。
まあ、そこが一つの魅力でもあるんでしょうけど。
Postal2とか見てるとSUGEEEEEE!!!と終始感心しまくりんぐwww

って、ポスタルは全然”最近”でもなんでもないよね(´・ω・`)
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/198-1e8b8f59
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。