スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因縁の対決

2006年10月03日 20:52

今年も例のごとく、アニメ最萌トーナメントが開催されています。
私自身は住んでいる場所が場所なので、どちらかというとアニメには縁遠く、ごく一部のキャラしか分からないというどこからどう見ても正真正銘の真人間、一般人なんですが、それでも今回はちょこっとだけ参加しています。(といっても投票するだけですが)

んで、昨日行われた3回戦ですがー……
我らが銀様が翠星石とあたるなんて、これなんて組織の陰謀?( ゚д゚ )

こっち見n(ry


もうね、これはなんつーかね



なんという組み合わせ…
対戦カードを見ただけで目から汗が出てしまった
この試合は間違いなく白熱する

      / ̄\
     | ^o^ |  
      \_/



って感じですよ。

とりあえず携帯電話でアクセスして投票するためのコードを発行してもらい、水銀党員の私は当然の事ながら水銀燈に清き一票をたくさん入れまs嘘です。ちゃんと一票だけ入れました。


元々人気を二分している二人なんですが、2ch的には翠星石の方が知名度が高いんですよねぇ。
私がしょっちゅう出入りしているニュー速では、ちょっといわくつきの名物キャラになっちゃってるんで尚更w
最近ではスレ立てに関する決まりや規制が強化された事もあってネタスレはだいぶ減りましたが、それ以前は翠星石スレがちょくちょく立てられていたほどです。
その度に「日本終わったな」とか「日本始まったな」、「日本の夜明けが来たな」などといったレスが多数ついて、毎回かなりの伸びを見せていました。

とはいえ、知名度がどんなに高くても投票するか否かはまた別問題なので、票数に偏りが出るなんて事はないだろうと、そう思って試合の行く末を固唾を飲んで見守っていたのですが…

ええ、確かに偏りは殆どありませんでした。ありませんでしたが……





銀様敗北。・゚・(ノд`)・゚・。

しかも開票した結果、偽票が多かったのは水銀燈……って工エエェェ(´д`)ェェエエ工
ごく一部の過激な翠星石ファンによる工作活動が明るみにッ!(実際、ニュー速でカミングアウトした人もいたw)

当然の事ながら最終的には有効票の数で結果を出して勝敗を決するのですが、途中経過に関しては偽票(多重投票)による票数がそのまま出るんですよね。
最終的にそれらは無効になるものの、投票を受け付けている間は厳密に集計していないので、あえて偽票を投じる事によっていろいろと工作できちゃうんですよ。
実際にはそれほど差が開いていないにもかかわらず偽票を投じまくって「300票差以上ついてるから支援してくれ」とか。
投票中は偽票も含めた漠然とした得票数しか分からないので、こういった心理作戦に持ち込みやすくなるんですよね。
まあ、こういう事があるから面白いっちゃ面白いんですけどwwww
トーナメント形式なので、一人でも強力なライバルを蹴落とすために、他の試合にてまったく興味が無いキャラに一斉に投票して勝たせたり…などといった様々な情報戦、否、謀略戦が繰り広げられていたりもして、見た目(?)とは裏腹に結構ハードでダークな展開がこれでもかと言わんばかりに渦巻いているのですYO!


でも、ローゼンの場合は特に酷いような気もしますね。
しかも今回のような同一作品内でのキャラ対決だと尚更。
他作品を応援している人から「どっちも同じ作品のキャラなんだから、お前らもうちょっと仲良くしろよ!w」と言われるくらいwwwww

投票スレ等には大抵それぞれのキャラクターの支援AA、画像、MADなどが貼られたりするのですが、時折、ファンを装ってアンチ活動(長時間にわたってひたすら同じAAを連投したり等)をする人なんかもいて、結構カオスだったりします。
大変賑やかな場所でもあり、同時に、大変恐ろしい場所でもあるのですw


でもまあ、こういった企画ってのは純粋に素晴らしいと思います。
なんというかこう、学校祭や体育祭等の学校行事に近い雰囲気があるように思います。
準備して楽しい、見て楽しい、参加して楽しい、みたいな。

こういったイベントを企画・実行している方、支援画像等を作成している方達の行動力、バイタリティは本当に凄いですね。
普段、Youtubeで動画を見ることなんて殆どないんで、flv形式の動画を保存・再生できるツールなんて自分にとっては無用の長物でしかないと思っていたのですが、水銀燈支援MADを見て、そのあまりのカッコ良さに動画を見終わった次の瞬間にはFLV Playerを落としてましたw


本命キャラが敗れてしまったため、モチベーションがやや削がれてしまいましたが、最後まで見届けようと思います。

でも、ローゼンといえば、今度は特別編「オーベルテューレ」がありますからね。
水銀燈にはまだまだチャンスが!まだだ、まだ終わらn(ry
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/187-b5e9b0ae
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。