スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうもひっかかる

2006年09月15日 21:10

昨日の、”Amazonに予約注文した商品の突然の値引き率変動、それに伴う請求代金はどうなるのか”という件について、Amazonから返答が来ました。
その内容はというと「差額分をAmazonギフト券にてお返しする」というもの。
以下、メールの内容を一部引用。


────引用ここから────

当サイトにてご提供いたしております商品の販売価格は、常に変動しております。
今回のご注文をお調べしたところ、『みんなのテニス』、『GOD HAND(ゴッドハンド)(サウンドトラックCD同梱)』の2点につきましては、お客様がご注文を確定された時点からディスカウント率が変更されておりました。

つきましては、今回発生しました商品価格の差額『みんなのテニス』240円、『GOD HAND(ゴッドハンド)(サウンドトラックCD同梱)』357円、合計597円(税込)をAmazonギフト券にて返金させていただきます。
そのため、お手数ではございますが、商品代金をお支払いいただいた後で、カスタマーサービスまで再度ご連絡くださいますようお願いいたします。
お客様からのご連絡がありしだい、ご返金の手続きを開始させていただきます。

────引用ここまで────


やはり原則的に”注文を確定した時の価格=請求額”になるようですね。
しかし今回のケースに関しては注文確定時に既に20%OFFだったため、

15%OFFの価格での請求は間違い→差額分を返金

という流れになった、と。


…が、しかし、これはありえません。おかしいんですよ。
せっかくきちんと対応すると言ってくれているのを無下にするようで申し訳ないのですが、これらのソフトを予約注文および確定したのは7/14です。
いくらなんでも発売日の2ヶ月も前から値引率を変えているワケがありません。
事実、私自身「20%OFF」に変わっているのを見たのは発売日の2,3日前で、それよりも前は確かに「15%OFF」になっていました。

返金に応じてくれた事については感謝どころか逆に恐縮してるんですが、こちらからメールを出して初めて「ごめんなさい、注文確定時には既に20%OFFになってました!差額分を返します!」なんて返答を寄越されると、ちょっと複雑な気分です。
なんだか、無用なトラブルは避けようという魂胆が見え隠れしているのは気のせいでしょうか。
「クソッ、バレたか。あ、いやいやなんでもない。ごめんごめん、うっかり見落としてたよ~。返金するからさぁ、これでもういいだろ?許してくれるよね?これで終わりにしよう、な?もう何も言ってこないでねwww」と遠まわしに言われているような気がします…('A`)

別に正直に「すいやせん旦那、ウチは価格が常に変動してるんだけどよぅ、基本的に注文確定時の価格で請求する事になってるんでさぁ」と言われても怒るつもりはなかったんですけどね。
自分でもそういった返答が来るかスルーされるものとばかり思っていたので。
しかし、後から予約をした人が得をする、という事に対して納得はしていませんし、できなかったので、要望という形でちょこっと書かせてもらいました。
単なる愚痴やクレームにならないよう注意して書いたんですが、もしかしてこれがかえって彼らを警戒させてしまったのでしょうか(苦笑
別にネチネチとああでもないこうでもないと長々と書いたわけではないのですが…。
普通に「予約注文した後で値引率が変わった場合はどうなるのか」とか「こうしてくれるとありがたいなー、なんて。…だめ?」、というような事を書いただけで「値引きしないと買わないぞコノヤロー!」みたいな文句、暴言の類は一切書いてません。いやいや、ホントですって(´・ω・`)


商品発売後に初めて買いに行く(注文する)、というような場合においては、手に取ってレジに持っていく時点での価格について文句のつけようなど当然の事ながらありません。
自分が購入してから1ヵ月後に同じ店(サイト)を覗いて、自分が買ったソフトがさらに安くなっていたとしても、店員に「なんであの時、この価格で売ってくれなかったんだ!」などと言う人はいませんし、言えないハズです。
自分の目で価格を確認し、自分の意思・判断でレジに持って行ったワケですからね。

しかし、商品発売前の価格変動となるとそうは行きません。
早々に予約する人、発売日ギリギリに予約をする人、発売日に注文する人、様々な人がいます。
皆注文のタイミングはバラバラとはいえ、金を支払う日、商品が手元に届く日は平等です。
そんな中で既にその注文するタイミングによって支払う額にバラつきが生じている、というのは本来あってはいけないことだと思うんですよね。
皆それぞれが別の店で注文したとかならともかく。


まあとりあえず、返金分のギフト券についてはありがたく且つ有効に使わせていただく所存です。
…でもこれってやっぱりメールも何も出していなかったらそのままの価格で請求されて終わりだったんだろうなあ(´∀`;)
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/169-fdcf2230
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。