スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2周、3周どころの話じゃない

2006年04月13日 21:48

絶体絶命都市2、5人目の主人公も無事クリア。
いやーしかし、自然災害とは別にもう一つちょっとした伏線があったとは。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、”黒幕”が存在します。(自然災害発生とは無関係)

とりあえず、全員Aエンドでした。
エピローグを見た後、5人目のクリアデータをセーブし、「さーて、スタッフロールを拝んだら、早速2周目始めてコンパス&コスチュームの回収と1周目には選択しなかった面白選択肢をドンドン選んでいくぞー!」
と気合を入れて、○ボタンを押してみたら………

てっきりスタッフロールが流れるのかと思いきや、そのままタイトルに戻る事も無く何故かキャラ選択画面に。
初めてプレイした時と同様、アクティブになっているのは篠原。
「あれ?何も無しか?」と不思議に思いつつも、画面をよく見てみると、何故か篠原だけ「生還」マークがついていない。
篠原編クリア後は間違いなくついていたのに。
他のキャラにはマークがついているものの、何故か篠原だけ仲間はずれ。村八分。
なんとなく気になりつつも、2周目も今までの順番どおり篠原編からプレイしようと思っていたのでそのまま篠原を選択。

…と、プロローグが始まるのかと思いきや、いきなり篠原編のラストシーンからのスタート。
確かに(話としては一応綺麗にまとまってはいたものの)あの終わり方には少々物足りなさを感じてはいたのですが、最後の最後でこう来るとは思いませんでした。

初回プレイ時のラストシーンの続きということで、春香に続いて自分もヘリに乗り……込もうとしたところで怒涛の水流キタコレ!(゚∀゚)
水に飲み込まれるのを避けるため、ヘリは一旦陸地を離れ上昇。
押し寄せてくる水流から逃れるため、自分はすぐ側の建物へ。
徐々に水かさが増してくる中、上昇したヘリを追うため、そして、水から逃れるため、建物の階段を上へ上へと駆け上がる篠原タソ……カッコヨス(`・ω・´)
操作しているのはもちろん俺。そんな俺もテラカッコヨs
篠原タソの運命やいかに!?来世を待て!

とまあ、この後もいろいろあり、このシナリオをクリアしたところでようやくスタッフロールに。

崩れ始めている建物や押し寄せてくる濁流などから逃げるピンチイベントの際には、緊張感と焦燥感を煽られるかなりカッコイイBGMが流れるのですが、最後のこのシナリオではその曲を長々と聴く事が出来て幸せでした。
特に気に入っている曲なもんで(´∀`)
とはいえ、暢気にその幸せを噛み締めている余裕など殆どありませんでしたが…w

一通りクリアすると難易度とモードが追加され、主人公も自由に選択できるようになったのですが、スタッフロール直前のシナリオについても選択可能に。
…と、よく見てみると最後のあのシナリオはどうやら全員分あるっぽい。
しかし、空欄になっている部分を数えてみると……おや?
なんだか隠しシナリオもあるっぽいですよ??

ボリューム少ない、やり込み要素薄いなどと言われている本作ですが、私としてはそうは感じないですね。
少ない少ない言ってる人は、RPGや、テキスト量がハンパじゃないADV等と比較してるんですかねぇ…?
最近はそうでもないですが、発売直後は2chの本スレでしょっちゅう言われていたので少々不安だったのですが、実際に蓋を開けてみればそんな不安はどこへやら。

これはもうアレですね。
謝罪と賠償を(ry

腹いせにAmazonにて前作を注文しますた。
ムシャクシャして注文した。前作ならなんでもよかった。今は反省していない。
他の商品と併せてのオーダーなので届くのはしばらく先になりますが、既にワクテカ気味です。先走りが!先走りがー!!(何

前作に関しては、弟が所有していたので一応少しだけ見た事もプレイした事もあるのですが、当時はあまり興味が無かったのと、すぐに酔ってしまったため、本当に”さわり”の部分しか体験しておらず、それ以降ノータッチ状態でした。

…まったく、なんてヤツなんでしょう。俺ってヤツは。
タイムマシンというものが存在するならば、当時の自分を釘バットでぶん殴ってやりたいくらいd(ry
タイムパラドックスとか無視無視。

今度は頑張っちゃいますよー(・∀・)


さて、それじゃ1が届くまでの間、2の方を頑張るとしましょうか。

そういえば、前作には「絶絶2コンパス」があったらしいですね。
そして今作には「絶絶3コンパス」が!

と、言う事は……






…ねえ、期待していい?おもいっきりワクテカしていい?ハァハァしていい??(*´д`*)


途中、雀・三國無双という㌧でもない地雷をつかまされたものの、アルトネリコ、無双4エンパ、絶絶2と(俺的)神ゲーが上半期だけで3本も!
いやあ、今年の「大統領Presents 第65536回 輝け!大統領が選ぶドキッ!丸ごと背広!!紳士だらけの僕の私のベストゲームオブザイヤー2006ポロリもあるよ」は例年にない盛り上がりを見せそうです。今から濡れてしまいそうです。

…やだなあ。感極まって涙で目と頬が濡れるって意味ですよ。

戦国無双2もノミネートさせてあげたかったのですが、既にエンパが入っているし、それに双六が…ねぇ…(何
友達とワイワイやる分には面白いとは思いますが、阿国を出すためだけにCPU相手に一人で黙々とやるのは非常にストレスがたまります。
テンポがあまり良くない上に、トップをとらなきゃ出てこないなんて('A`)
素直に猛将伝を待つことにします(´・ω・`)

しかし、この差は一体なんなんでしょうかねぇ。桃鉄なら一人でもかなり楽しく遊べるのですが。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/14-cbe6f441
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。