スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えっちでーでー

2014年07月19日 18:30



主にデータ置き場として使用している二台目HDDに不良セクタが見られたため、新たにHDDを購入。
どうせ買うなら…とちょっと容量&耐久性重視な感じでWestern DigitalのWD40EFRX(容量4TB、キャッシュ64MB)をセレクト。
WDのHDDはそれぞれの用途やスペック等に応じてカラーでシリーズ分けされているのが特徴的。
HDDを新調するにあたり、まずはメーカー選択から始まってそれはもう悩みに悩みまくりましたが、コスパやら性能やら、そして何より耐久性重視!ということで、NAS運用にも適した高耐久性がウリのWDの“RED”シリーズに白羽の矢が立った次第。
回転速度は5400RPMとやや抑えられているため、今まで使用していた7200RPMのものと比べると速度的には少々劣るものの、その分静音性に優れ、消費電力も少なく、高速でブン回さない分HDDそのものの長寿命化にも一役買っているので、この辺は特に気にしていません。1TBプラッタ * 4 構成なので、読書速度自体はわりと速いですしね。
後はもう壊れること無くしっかり稼働し続けてくれるのを祈るのみ。勿論当たり外れがあるので、そこに関してはもうホント祈るしか無いんですが、とりあえずこれを書いている現在はいたって快調です。というか、換装直後に調子悪くなったりしたらそれはそれでキッツいものがあるのでやめてくださいしんでしまいます(´;ω;`)


今までそこそこ長いことPCを利用してきてますが、HDDトラブルに見舞われたのは今回が初だったりします。
忘れもしない、5日前の月曜日。何とはなしにCrystalDiskInfoを立ち上げたのがすべての始まりでした。





コレを見た瞬間、「いやー“注意”なんて初めて見たわー。レアだわー」などと乾いた笑いが出ちゃったのは言うまでもありません。
逆裁の法廷パートで追い詰められた犯人よろしく内心 not 穏やか!not 穏やか!な感じで心身ともに ハイに 灰になりかけたのは秘密です。
これがもし単なるデータ置き場としてではなく、システムドライブとして運用しているものだったら灰になるどころかアルティメット大統領になっていたかもしれません。
いやーまさか購入から1年半足らずで異常が出るとは…(´Д`;)
まあ、メーカー問わず運悪くおもいっきりハズレを引いちゃったりなんかすると購入後一週間もしないうちに不良セクタがーとか認識不良がーとかそれはもう大変なことになるようですが。

問題のHDDはSeagateのST3000DM001。
なんとなく型番でググってみたら、不良セクタ報告のレビューやらブログ記事なんかが出るわ出るわで、元々(主に耐久面における)信頼性はあまり高くない様子。
昔からHDD作ってるトコだし、その辺しっかりしてるイメージがあったんですが…うーむ、なんとも残念。


ダメ元でFromHDDtoSSDにて完全スキャン&修復を試みたものの、状況変わらず。



一箇所ポツーンと読み書き不能セクタががが

修復が効かない時点で、ああ、これはもうダメだなと。
幸い100GBほどしか使用しておらず、且つ、不良セクタに該当している部分も無かったようで、バックアップ作業自体は滞り無く終了。Steamで購入した一部ゲームもクライアントのライブラリからバックアップかけて他ドライブに退避。
この程度ならもうちょっと様子を見ながら気にせず使っちゃうぜ!って人もいるのかもしれませんが、いつ爆発するともわからない爆弾を抱えてるというこの状況にはとても耐えられそうになかったので、早々に見切りをつけました。



レポート見たらこれですわ。
1年ちょいで経年劣化25とかはぁまじはぁ…

色々調べてみると、今回の自分のケースのようにアクセス頻度のさほど多くないデータ置き場として利用している場合、一回の稼働時間が短いために不良セクタの代替処理が行われる前に読み書きやめちゃうからいつまでも不良セクタとして残っちゃって云々かんぬん…みたいな記事を発見。
こういう場合、論理フォーマットかけたらあっさり解消するケースも…なんて事も併せて書かれてましたが、俺の中ではもうこのST3000…いや、Seagateへの信頼ガタ落ちなので、そんな事する気なんざさらさら起きませんでしたあー(ゲス顔

あ、それとコイツ、OS側の電源設定ガン無視してしばらくアクセスしないと勝手に眠っちゃう困ったちゃんだったんですよね。
エコとか消費電力とかそういった観点から見るとこれはこれで優秀なのかもしれませんが、気が付くと仕事放棄してるので、ちょっと時間あけてアクセスしに行くと、ドライブの中を表示するところまでは問題ないものの、そこからフォルダやファイルにアクセスすると、モーターが軽い唸り声を上げて動作を開始。画面上ではマウスカーソルがビジー状態アイコンでくるくる回っていて、数秒間待った後にようやく画面遷移といった具合。
HDDに限らずPCの電源ON時にはそこそこ大きな電流(突入電流)が流れるので、頻繁にオンオフするのは機器に負担がかかっちゃうゾ☆的な話をどっかで見たか聞いたかした気がするんですが、今回のトラブルの原因がもし仮にこの辺にあったとするならば、しょっちゅう眠りこけてたST3000は自分で自分の首を絞め続けていたということに…w
当然電源オンオフに伴い毎回モーター止めたり再稼働させたり、ヘッドも読み書きに駆り出されたかと思えばまたすぐ退避したり…なんて事をしていたワケで、物理的にも結構な負担がかかっていたという可能性は否めません。


とりあえず、今回の件は自分にとって良い経験になりました。
まあ、システムドライブじゃなかったからとか元々そんなにデータ置いてなくてバックアップが容易だったからってのが多分にありますが…w
比較的短期間&殆ど使用していない状況にもかかわらず異常が発生して換装を迫られた事を考えると、正直残念というか、やるせない気持ちもあるものの、より良い製品に乗り換える機会を得られのだと、あくまでもポジティブ思考で行きたい(キリッ
HDDの事で頭がいっぱいで俺屍2買うの忘れてたけど、あくまでもポジティブに生きたい(キリリッ
…その前にそろそろメモリーカードも買わなきゃならんのだけどw

みんなも時々でいいからHDDさんの様子を見てやってください。大統領との約束だよ!ヾ(๑╹ω╹๑ )シ






今度は長生きしてくれますように…。動作音もかなり静かで良い感じです。



WD Red 3.5inch IntelliPower 4.0TB 64MBキャッシュ SATA6.0G WD40EFRX 逆転裁判5 RAH (リアルアクションヒーローズ) MGM アルティメットまどか PVC塗装済み完成品
俺の屍を越えてゆけ2 PlayStation Vita メモリーカード 64GB (PCH-Z641J)
関連記事


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/1336-c5b5f1d0
この記事へのトラックバック


Recent Entry


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。