スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録的な何か

2013年05月30日 18:50

Windows 8環境においてもSteamゲーは大抵問題なく動作するのだけど、どうも “Games for Windows - LIVE” を利用しているものは結構な頻度で不具合が出るっぽい。
手持ちのモノだと、「FUEL」と「FLAT OUT Ultimate Carnage」の2本がこれに該当。

ゲームのダウンロード&インストール完了後、プレイしようとすると「xlive.dllが見つからない」的なエラーが出て起動不可。
このdll自体は名前そのままでググればすぐに見つかるので、それをダウンロードしてゲームのインストール先(Steamフォルダ内のSteamApps → common → 各ゲームタイトルのフォルダ)にコピーすればOK。
ゲームに同梱されているLiveコンポーネントのバージョンが古いのが原因?

これですっきり解決できるものもあれば、そうでないものもある。
自分の場合FLAT OUTがまさにそれで、xlive.dllを突っ込んで起動すると今度は「Fatal Error - Live Initialization Failed」なんてエラーを吐いてやっぱり起動してくれない。
いろいろ調べてみたところ、Games for Windows マーケットプレース クライアントなるものをインストールすれば良いっぽい。
EAのサポートページを見ると、「互換モードでWindows 7を選択&管理者モードでインストーラーを実行」と書かれているものの、これが必須かどうかは不明。ヘタレな自分は一応指示通りに変更してみました(キリッ

んで、今度こそ!と思ったら相変わらずLiveの初期化失敗云々といったエラーが出て途方に暮れるも、ここは一旦冷静になるように見せかけて半ばヤケクソ気味に最初に突っ込んだxlive.dllを削除してみたらあっさり解決。めでたしめでたし。


これでゲーム自体は問題なく起動するようになったものの、今度はLive用のゲーマータグが必要に。
XP環境の頃はSteamを介した時点でその辺の手続き無く利用出来ていた気がするのですが、結構前の話だし自分の記憶違いかも…。
どのみち今回はちょっとイレギュラーな方法なので致し方なし。
起動時にLiveを利用しないという選択をする事も可能ではあるものの、こいつを登録してサインインしない事にはプロダクトキーの入力や、ゲームによってはゲームデータの保存が出来なかったりするので、やっぱり取得&利用しておいたほうが無難。


Steam自体にもコミュニティ機能があるのに、ゲームによってはそこに更にWindows Liveが絡んでくるってのはなんともめんどくさいっすなあ。
あ、いや、Windows 7以前のPCならエラー等も無くすんなり遊べるんでしょうけど。

まあなんにせよ、良い勉強になりました。
時間に余裕が無かったというのもありますが、実は現在の環境に移行後一度は諦めて放置してましたからね…w
そんな状態にありながら、備忘録とはいえ今更ドヤ顔で長々と解決策書くのはどうなんだっていう気もしますが、べ、別にこれは人様に見せるためのものでもなんでもなく、あくまでも自分用メモなんだからねっ!セフセフ!



Fuel (輸入版) FUEL 【Codemasters THE BEST】 FlatOut: Ultimate Carnage (輸入版) フラットアウト アルティメット カーネージ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/1315-41e14f25
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。