スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦る必要は無いが…

2006年08月06日 21:51

ミニコンポのCDプレーヤーが突然壊れてしまいました。
CDを入れてもまったく読み込んでくれません(´・ω・`)
AIWAのXG-V800という90年代末に発売されたモデルで、3枚CDチェンジャー搭載、AMステレオ対応の、最近のコンポと違いやや大きめのゴツいやつでした。
合掌…


って、完全に逝ってしまったワケじゃないんですけどねw

まあ、最近は専らPCで音楽を聴いているのでそれほど困るようなことでもないのですが、そこそこ長い間使用してきたモノだけにちょぴり凹みますた('A`)

そういや先代のミニコンポもCD部分のみイカれたんだよなぁ。
音質や機能、コストパフォーマンスはそこそこ優れているとはいえ、どうも壊れやすいですねぇ。AIWA製品は。
ピックアップ部分が軟弱すぎです。それなんて初期型プレステ?


PCで音楽を聴くようになってからは、コンポはほぼ”ラジオ専用機”と化していたため、CDプレーヤーがブッ壊れたところで、ラジオを聞く分にはまったく問題ないし、気にせずこれまでどおり使っていけばいいだけの話なんですが、やっぱりね、大統領的にはね、中途半端はよくないと思うんだ(何


というワケで、修理に出すか新しいものを買うかでちょっと悩んでいたりするのですが、最近のコンポってかなりのダウンサイジングが図られてて、高音質をキープしつつサイズはコンパクト、というのが当たり前になってるじゃないですか。
それ自体は素晴らしいことですし、非常に魅力的な製品が多いのも確かなんですが、サイズだけでなく外観やディスプレイ部分もすっきり、というかあっさりしたものが多いのがちょっと寂しかったり。
スペアナ表示無しというのが当たり前になっているというのがかなり残念。
まあ、細かく音質を調整できるモデルが無い(殆どが「ロック」、「クラシック」などあらかじめ用意された音質設定しか選択できない)以上、スペアナ表示なんてものは”飾り”以外の何者でもないというのは分かっているのですが……でもやっぱり無いのは寂しいなぁ('A`)

あ、あと、もう一点ガッカリしたことが。
最近のコンポってAMステレオに対応してないんですね。
ほんの数年前までは、殆どの製品が対応していたような気がするのですが…。
4万円近い製品にも「ステレオ受信はFMのみ」とか書かれててショック(´・ω・`)
6万、7万以上する高価なものには搭載されてるのかな……
って、AMステレオのためだけにそこまでの金は出せませんが(苦笑

MP3/WMA/DVDなどといった様々なソースが再生可能になり、尚且つ音質および拡張性アップ(他のオーディオ機器だけでなく、SDカードやUSBメモリ、ポータブルオーディオプレーヤーが直接接続できるようになった等)、MDについても様々なフォーマット(Hi-MD等)に対応…などなど、これだけの様々な機能を盛り込みつつ、価格はそこそこ抑えねばならないとなると、余計なものは極力排除、という方向に行くのも無理はないのかもしれませんね。スペアナに関しては先ほども書いたとおり”飾り”みたいなものですし、AMステレオに関しても全国すべての局でステレオ放送を行っている、というワケではないですからねぇ…。
個人的には非常に残念ですが、仕方の無い事なのかもしれません。


新しいものを買うか、修理に出すか、それともこのまま使い続けるか…
まだどうするか全く考えていませんが、今すぐ結論を出さなければならないというワケでもないので、のんびりと考えようと思います。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/129-fbcb3ec1
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。