スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女は、空に落ちる

2012年02月10日 18:47

Amazon川から『GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』(※リンク先、ムービー・BGMあり。音量注意)が漂着。



それにしてもタイトルが長い。ここまで長いのは近年稀じゃなかろうか。いや、もしかしたらゲームソフト史上最も長いタイトルかもしれ……  あ…。 



ああっ…!




あああああっ!!




あのお方はッ!!




「SIMPLE DS シリーズ Vol.14 THE自動車教習所DS~原動機付自転車・普通自動二輪・大型自動二輪・普通自動車・普通自動車二種・中型自動車・大型自動車・大型自動車二種・大型特殊自動車・けん引~ 」先輩チィーッス!!!



俺としたことが先輩を忘れていたなんて…ッ!バカ!バカ!俺のバカ!!


というワケで、THE 自動車教習所DSが最強という事でファイナルアンサーです。
そのタイトルのあまりの神々しさに私のような愚民は触れることはおろか、近づくことすら許されぬ故、残念ながら内容については分かりませぬ。まさに神のみぞ知る世界。


閑話休題。


この、GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動。発表当初はどんな内容かもよく分からず(“VITA本体の機能を活かしたアクションゲーム”としか…。)さほど惹かれなかったのですが、その後にPSストアや公式サイト等で配信されたGRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動のPVを見た際にちょっぴり興味が湧き、そしてVITA本体発売後に配信されたGRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動の体験版をプレイした際に、その独特の世界観や操作性、音楽等がクセになり、気がついたらAmazonにてGRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動をポチっていた次第。

ジャイロやタッチを駆使してアクションするなんて色々面倒じゃね?なんて思っていた時期が私にもありました。
が、しかし、実際にGRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層へn(しつこい)体験版をプレイしてみたところ、これがなかなかに面白いワケですよ。ハマってるワケですよ。
重力を操って通常では立ったり歩いたり出来ない場所へ行ったり、空中を自由に動きまわって敵に攻撃を仕掛けたりなど、なんだろう、今までありそうで無かった感じがこう、ヒシヒシと伝わってくるワケですよ。これぞ次世代アクション!と唸らざるを得ない出来なワケですよ。
文字で起こすとなんとも味気ない感じですが、この辺の面白さや爽快感は実際にプレイしてみると分かる…というか、プレイしてみないと分からない領域ですね。や、決して私の説明や表現の仕方が超絶ヘタクソというワケでは(ry

無双以外のアクションゲームはかなり久々な気がする…。ゴッドハンド以来?いやいやさすがにそこまでは… と思ったけどイマイチ自信がない。ホントにそれくらいご無沙汰っつー事なのかもしれないw



GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動 SIMPLE DSシリーズVol.14 THE 自動車教習所DS ゴッドハンド PlayStation 2 the Best







先日購入したソウルキャリバーVはシングルモードのボリュームの少なさと、キャラ(流派)リストラが非常に残念ではあるものの、ボチボチ遊んでます。キャラクタークリエイション様様です。タリム系キャラ作れねーけど。 ちくしょぉおおおおおおタリムぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!。・゚・(ノд`)・゚・。
しかしながら腕前の方は相当残念な部類に入るため、オンラインに参戦したところでほぼフルボッコというのが実情。
文字通り猛者揃いで、余裕で負け越してますw
気軽に対戦&コミュニケーションOKなグローバルコロッセオ(ランダムマッチ)の戦績ボロボロすぎワロタwwwwww  ワロタ…

それでもプレイ人口が多いせいか、ランクマッチでは実力伯仲の相手と当たったりする事が多く、僅かながらではありますが時々勝たせてもらってます。


格ゲーに限った話じゃないですが、従来のゲームにはオンラインなんて概念や機能が無く、友人同士で集まってワイワイ遊ぶ、というスタイルが主流であり、自分もそっち方面の所謂「エンジョイ勢」である期間が長かったこともあって、オン対戦の張り詰めた空気がどうにも慣れません。(麻雀とか音ゲーはそうでも無いんですがw)
こればかりは場数を踏むしか無いだろうし、親しく会話したりする機会が殆ど無いから余計にそう感じる(ただ錯覚している)だけなんでしょうけど、相手に気圧されて思うように技が出せないことなんかしょっちゅう…w まだまだっすなぁ(´ω`)
本気で勝ちに行きたいと思ったら、とにかくキャラを絞って練習あるのみ!ってあたりも、節操なしエンジョイ勢の自分にはなんとなく違和感。いや、それがダメ!とかそんなガチすぎるのはおかしい!ってな事を言いたいワケでは無いんですけどね。至極理に適っていると思いますし、郷に入りては郷に従えという言葉もありますし。というか、のんびりゆるゆる対戦がお望みなら、プレイヤーマッチやら何やらでそういう部屋を立てれば万事解決なんですが、自分の周りにこのソフトを持ってる人が殆ど居n(ry
まあ、ゲーム内でいろんな人と仲良くなればいいだけなんですけど、大人になるとそれがたとえゲームの中であってもあんまり深い付き合いをしたくないというか、ぶっちゃけ人付き合いがめんどk(ry
…自分で言うのもナンだけど、ここぞとばかりに物凄いダメダメっぷりを発揮してるなぁ…w 必要以上の人付き合いは面倒だけど、対戦はのんびりやりたいわーとかこんなん周りから一斉に「氏ね!」とか言われちゃうわ。絶対。どんだけワガママなんだよwwwっていうね。
いやーホント、なんなんでしょうかね。ROとかやってた頃はスゲー積極的に会話したりPT組んだり、ギルド入っていろんなダンジョン潜ったり、そこら辺の人とアイテム交渉したりしてたのに、大人になると考え方が変わると言うか、色々疲れちゃうんですかね…w そういやリアルでも飲みのお誘い断る事が増えた気もするしwwwwwwっうぇうぇwwww


って、愚痴ばっかですいません(´・ω・`)
とにかく場数を踏んで、勝ち負けにはそこまで必死に拘らず、沢山の人の胸を借りるつもりで徐々にいろんなキャラに触れていきたいですね。

キャラクリの方は現時点では完全に自分の好みに走ったオリジナルキャラが殆ど。ネタキャラはこれから、ってトコですかね。
野郎でアフロってあたりは多分確定。無双なんかでもアフロエディット武将(小喬モーション)を妙に気に入ってた節があったので…w

今作ではキャラの体型もそこそこ細かく弄れるのが良い感じ。せいぜい身長と体つき(+女性の場合は胸)くらいしか弄れねーんだろうなぁと思っていたので、これは嬉しい誤算。
ムチムチ系が好みなせいか少々太ましい女性キャラばかりのような気がするので、ココら辺でそろそろスレンダー系美少女作ってさらに女子力上げないとダメかもしれないような気がしないでもないけど予定は未定。
シヴいおっさんキャラも作っておきたい。 変態 紳士的な。





昨日から作り始めたアスタ様




そこそこイイ感じに仕上がって来ましたが、悪魔羽と尻尾がまだ。
この辺はちょっと諦めかけてたんですが、たまたまネット上でモリガンやリリスのクリエイションキャラを見かけたので、プレイヤーレベルを上げていけば羽はなんとかなりそうです。尻尾はパーツ編集で頑張るしか無い、かな…。
でも、徹底的に拘る人はここから更にそういった編集機能を駆使して、よりオリジナルに忠実なデザインの鎧に仕上げたりするんでしょうね。

モーションは、雰囲気的にしっくり来るから、という理由でアイヴィーを設定。しかしながら私自身のアイヴィー使用経験が殆ど無く、全くと言っていいほど動かせないのが最大の問題であり欠点w
最もよく使用しているスタイルはピュラΩって事で、後々そっちに変更するかもしれません。




・おまけ(ネットでの拾い物)




きっと誰か作ってるだろうと思っていたら、意外とあっさり見つかりました。(勿論他にもミクを作成してる人は沢山いるんでしょうけど)
用意されている髪型に「ツインテール」はあるものの、ここまで長いのは無かった気がするので、これはパーツ編集とかステッカーを利用して後付けしてるんでしょうね。

Forzaの痛車とかアーマードコアの痛ACとか、職人と呼ばれている方々のセンスや熱意は本当に凄いですなぁ。



ソウルキャリバーV Forza Motorsport 4(通常版) ARMORED CORE V(アーマード・コア ファイブ)(特典なし) ラグナロク オデッセイ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/1273-89ca90a1
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。