スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーライフ満喫中

2011年07月08日 21:46

先日購入したTDU2ですが、前作と比べて操作感覚が異なっていて尚且つ(マシンによって差はあるものの)妙にクセのある挙動をしているため、開始したばかりの頃は「やべえ…これ前作よりも劣ってるんじゃ…先行き不安だなぁ」とぶっちゃけ青ざめたというか、とにかく印象はさほど良くはありませんでした。
しかしながら、クセのある挙動や操作感覚にも徐々に慣れ、レースに勝ったりイベントをこなして金を稼ぎ、車やマイホームが増えてくるにつれて、ズブズブとハマっていきました。
今ではもうすっかり虜。止め時が文字通り難しい。ホントに気がついたら2時間3時間ずーっとやりっぱなしだったりします。
その度に「このレースイベント終わらせたらいい加減やめよう」などと心に決めるものの、イベント終了後、気がついたら適当にカーナビセットして島中を適当に流してるっていうね…w

最初はイビサ島からのスタートですが、現在はレベルも10を超えて前作の舞台でもあったオアフ島へ行けるようになりました。
どうせ前作のマップ使い回してるだけだろうし、新しい発見なんて無いだろうな…と思っていたのですが、なんとなく前作よりも道路が入り組んでいるところが増えている(収録路線が増えて走行可能なルートが増えている?)ように感じました。
実際にPC版の前作を引っ張り出して綿密に比べたワケでもなんでもない、あくまでも“感覚的になんとなく”ってだけなんですが、でも、前作にハマっていた当時を思い出して「あー、そういやこんな道あったなあ」等と懐かしむ事はあっても、「案の定使い回しで面白くない」とは不思議と感じられず、新鮮な気持ちでプレイできています。謎ですw

前作もオープニング(アバターセレクト)の演出が凝ってましたが、今作も導入部分がイイ感じですね。
上空から海面を俯瞰、その海面をバックにメーカーロゴが出た後、視点が海面と平行になり、遠くに見えるイビサ島の上にタイトルが。
んで、そのままグングン島に近づいていき、次の場面ではどっかの豪邸のプールサイドで踊っている人たちが。ちゃんとDJとかもいてやたらと本格的。
何この超贅沢且つ派手なパーティーは…などと思っていたら、突如スローモーションに。
お、なんだなんだ?と思ったら、次の瞬間アレですわよ奥さん!アバターセレクトっすよ!
貧困なボキャブラリー&表現力・文章力皆無を誇る私のヘッタクソな文章ではこれっぽっちもその魅力が伝わらないと思いますが、ホント、向こうのゲームは導入部分が洒落てるというか、演出が上手いなあと素直に感心しちゃいました。
当然画面全体がスローモーションになっているため、音楽もスロー。でもなんとなくキャラセレBGMっぽい雰囲気になっているのは狙ったのかただの偶然の産物なのか…w
選択できるアバターは男性3種、女性3種の計6種類。
因みに前作はホノルル空港行きの飛行機の搭乗口に並んでいる人の中からアバターを選択、その後オアフ島へ移動して即ゲームスタート、という流れだったのですが、今作はアバター選択後、そのまま一人称視点で移動が可能に。
前作はディーラー等に立ち寄った際、車から降りて建物へ…というリアルタイムデモが出るだけで、自分自身を操作する事など無かったため、この辺もちょっとだけ新鮮。
プレイヤーキャラを歩かせる…ただそれだけの事なのに、前作を経験してるとどうしても、ね。こんな安っぽい自分を許せ。いや、お許しください。

でまあ、画面上にはそれとなく移動方法などのチュートリアルが表示されたりして、適当に踊っている人やプール内にいる人を眺めてひとしきり 目の保養 操作に慣れたところで、ちょっと離れたところから自分を呼ぶ女性が。
もう少し目の保y操作に慣れ親しみたかったところだが、行かないことにはゲームが進まないようなので、とりあえず行ってみることに。
見せたいものがあるからガレージまで来いと言うので、言われるがままにチュートリアルに従いつつガレージに移動すると、そこにはなんと、フェラーリ カリフォルニアが!
どうやら誕生日プレゼントらしい。何これ凄い。こんなものが貰えちゃう俺も、ポンとあげちゃうこの女の人も凄い。
なるほど、プールサイドでいろんな人が踊り狂ってたりと色々賑やかだったのはアレか。俺の誕生日パーティ-だったのね。って事はこの豪邸も…!
てな感じで「強くてニューゲーム」状態でスタート。
最初からこんなに楽しちゃってイイのかな、なんて思っている間に「ドライブにでも行ってきたら?」と言うので、これまたチュートリアルに従って乗車&ドライブ。
ウィンカーは出せるし、ウィンドウやルーフの開け閉めも出来る。雨の日もコレで安心。多い日も安心。

チュートリアルも終わり、さてこれから何をしよう…と適当に車を走らせていたら、突然、窓を叩く音&自分を起こす声が。
助手席には誰もいないし、走行中の車の窓を叩くなんて器用な事をやってのける超人も見当たらない。っていうか俺起きてるよ?絶賛運転中よ?
そんなもんが聞こえてくるなんて微塵も思っていなかった事もあってちょっぴりビクッ!となってしまったのはヒミツですw

ワケが分からずプチ混乱しているうちに、画面はそのままホワイトアウト、気がついたらホテルの前に停めてあるフェラーリの運転席で絶賛居眠り中の自分が。起こしに来た人はどうやらこのフェラーリのオーナーらしい…ってアンタさっき俺にフェラーリプレゼントしてくれた人じゃねーか!さっきはありがとう…じゃなくてこれはもしかしてアレか?夢か?夢オチなのか!?shit!!!
強くてニューゲームの幻想、わずか2分程で散る。オールクリアお疲れさまでした。おわり。いやーいいゲームだったなー(棒


どうやらプレイヤーはホテルスタッフで、宿泊客の車を駐車場に入れたり出したりする人だったんですねー。いやーいいゲームd(ry
何故居眠りしていたのかは謎ですが、どうもそのせいでこの女性は大事な仕事に遅れそうとかなんとか。携帯取り出してそれっぽい事話してたからきっとそうなんだろう。たぶん。
で、「なんて人なの!」と怒鳴られてホテルクビになっておわり。オールクリアお疲れさまでした。いやーいい(ry

とまあ、普通ならメチャクチャ怒られるところですが、さすが情熱の国スペイン、最後の楽園イビサ島。
あんたがこの車運転して私を時間内に目的地まで届けなさいよフフンと言ってきたではありませんか。なんて情熱的なんだ!
どう見てもスパニッシュじゃないっぽいですが、とりあえずここは情熱的だと言っておく事にする。

目的地に到着するなり、番組の撮影が。どうやらソーラークラウンという様々なレースイベントを企画、放送している番組で、この女性はその司会者兼参加者兼主催者?らしい。
何故かその撮影現場にちゃっかり自分もいるワケですが、案の定フラグだった模様。ひょんな事からちゃっかり自分もこのイベントに参加することになっちゃったよテヘッ☆状態。

\ナ、ナンダッテー!!!/
  Ω ΩΩ

といったところで、いよいよ本格的にスタート。いやー実にいい導入部だったわー。濡れるわー。じゅんじゅわー

撮影現場内で様々な人を紹介してもらい、まずは車、住居、レースに出場するためのライセンスを取得することに。
ライセンスを取得しないとレースに出られない、というちょっと面倒な要素がある以外、ここから先の流れは大体前作と同じです。
レースに励むもよし、広大な島中をマップ埋めしつつのんびり走ってもよし、新たなスポットを発見するたび、その店に立ち寄って服を買ったり、髪を切ったり、整形してアバターの顔を弄ったり、車を買ったり、チューンしたり、ペイント変えたり、ステッカー貼ったり、洗車したり、不動産屋で物件を買ったり、膨大な数のサブイベントをこなしたり…などなど、遊び方は様々。
勿論、前作同様オンライン要素もあり。島を走っているといろんな人とすれ違ったり、フレンド登録依頼を出されたり、しつこく追っかけられたり、ぶつけられたり、レースを挑まれたりします。
中には最初から嫌がらせのつもりでガチでぶつけまくってくる人もいるんでしょうけど、自分はそこまで悪質なプレイヤーにはまだ遭遇してません。

今作は天候変化、時刻変化あり。
前作はこの辺非常に中途半端且つ変化に乏しく(正午っぽい、夕刻っぽい、曇天っぽいとかその程度でランダムに変わるくらいで夜や雨天は無し)非常に残念に感じていたので、これは嬉しい。


車の挙動は冒頭にも書いたとおり、かなりクセがあります。
前作をやった事がある人は特に違和感があるんじゃないかなと。
コーナリング時、タイヤの限界が来たときにリアが滑る、スピンするってのは極々当然のことですが、クセのある挙動も相まって路面からのインフォメーションに乏しく、限界時の境界線が分かりにくい ……という表現でいいのかなあ?逆にクッキリハッキリしてるって言ったほうがいいのかなぁ…w
速度がさほど出ていないときはやけにきっちり、それこそカクカク曲がるんですが、オーバースピードだとアンダーが出るだけならまだしも、操作を誤れば盛大にバランスを崩します。駆動方式や車種によって多少の違いはあるものの、基本シビアで調子に乗って飛ばし過ぎると痛い目見まくりです。
全体的には理に適った動きをしてるんですが、どうにもその結果に結びつくまでの課程における挙動が妙にデジタル的というか、カッチリし過ぎてるというか…とにかくちょっとぎこちない感じなんですよね。
アシストの設定を見直したり、操作に慣れることである程度改善できますが、「この速度でこういう操作するとこういう結果になっちゃいますよ」って部分はちゃんと組み立てられてるのに、その骨組みがちょっぴり怪しいっつーか…w
まあ、GTなどと違ってシミュレーターを謳ってるワケじゃないので、そこまで深く気にする必要も無いんですけどね。

そういや、GTは「カーライフシミュレータ」なんてジャンルだった気がしますが、このジャンル名はTDUにこそ相応しいと思います。や、GTも大好きですどね。


挙動に加えて、車内視点時の動きにも少々クセが。
実際に車を運転してカーブを曲がっている時、その視線は自然とカーブの出口を向きますが、その辺のリアルさとカーブの先の視認性を追求したためか、ハンドルを切るとその程度に応じていちいち動きます。
慣れればどうという事は無いのですが、クセのある挙動を制御するためにわざとアナログスティックをチョンチョン押しで曲がることもあり、その都度視点が微妙に動くことで3D酔いを引き起こしやすいという欠点が…w
この辺は前作仕様で良かったような気がするなぁ。
ステアリングコントローラを利用している人にとってはあまり気にならない部分…かも?

GTフォースは実家に置きっぱなんですよねぇ…。
まあ、持ってきたところでアレなんですけども。PS2のホントに初代のGTフォースなんですけども…w
モロ無印。Proでもなんでもないやつ。900度?なにそれ美味しいの?みたいな。
そのうちドライビングフォースやG27などといったちゃんとしたコントローラを買いたいなぁと思ってはいるんですが、ちょうどいい大きさ&高さの台がなかなか無いんですよねぃ。


ドライビングアシストは「フルアシスト」、「スポーツ」、「ハードコア」の3種類で、いつでも変更が可能。
慣れないうちはフルアシストがベストだと思いますが、それでも独特のクセが完全に抜けるワケではないので、いずれにしてもある程度の慣れは必要です。
自分は最初からずーっとスポーツメインで、たまーにフルアシストやハードコアを選択する程度。
ライセンス試験時には強制的にスポーツに設定されるため、普段はフルアシストオンリーな方も時々スポーツ選んで慣れておいた方が無難かもしれません。


グラフィックはまずまず。
フィールドがメチャクチャ広く、街並みなんかもある程度再現している事を考慮すると充分頑張っていると言えます。
フレームレートは基本30fps程ですが、建物が多い中心部なんかを走行すると時々若干のカクつきが感じられます。
レース後のリプレイもややぎこちない感じ。とはいえ、リプレイに関しては前作も少々ガッカリ風味でした。
MTで走行してたんですが、何故かリプレイになると速度とシフトチェンジのタイミングがきちんとシンクロせず、レブリミットに達している状態で甲高い音を発したまましばらく走り続ける事がしばしば…w
その他は特にズレは感じませんでしたが、シフトチェンジの再現だけがお粗末な感じでした。
今作のリプレイではその辺のズレが解消されているのでとりあえずヨシとしておきたい …けれど、人によってはこの“時々発生する微妙なカクつき”が気になるかもしれません。

描画に関しては少々無理してる感がありますが、広大な島のわりと遠景まで描き込んでる事、1080p出力である事を考慮すると充分凄いんじゃないかと。
まあ、720pに落として遠景もプレイヤーに気づかれにくい範囲で手抜きしてフレームレートを安定させた方が良かったような気がしないでもないですが…w

プレイ中の読み込みも殆ど気になりません。
初回起動時にはHDDへのインストール(約2.3GB必要)が開始されますが、それさえ済めば、ゲーム中は比較的ストレスレスです。
さすがに読み込み皆無とまでは行きませんが、長時間待たされるようなことはほぼありません。


…と、グラフィックや読み込み等は結構頑張ってるんですが、不満点・改善して欲しい点がいくつかあります。


まず一つめ

・キーコンフィグが出来ない

オプションにてコントローラの項目を選択しても、標準コントローラ(デュアルショック3)の場合、操作の確認しか行うことが出来ず、自由にボタンをアサインする事ができません。いくつかのプリセット設定があってそこから選択、なんて事もできません。
今時これは無いんじゃないかと。

シフト操作は△でシフトアップ、○でシフトダウン。個人的にこれがメチャクチャ気になったというか、気持ち悪い。
アサイン可能ならR1、L1に割り当てたかった…。
しかもこの設定、相当無理があります。「慣れればなんとかなるかな」と頑張ってみましたが、このゲームも御多分に洩れず○ボタンは決定ボタンとしても機能している手前、街中でシフトダウン(○ボタン)した場所が偶然ディーラーやブティック、その他レースイベント等だった場合、その中に入ってしまいます。
これらの有効範囲はさほど広くはありませんが、街中至る所に点在しているため、自分の思い通りにシフト操作が行えるのは必然的にレース中か郊外を走行している時だけになります。
しかも設定画面をよくよく見ると×ボタンがシフトダウンって表示になってるんですが、これはきっと単純にミスったというか、海外版そのままローカライズしちゃったって事なんでしょうね。向こうは決定・キャンセルそれぞれの操作が日本と逆ですし。

因みに×ボタンを押した場合はパッシングになります。他のプレイヤーに勝負を挑んだり出来ます。海外版は○でパッシングなんだろうなぁ。

とまあ、こんな感じなのでATで走るのが無難…というか、現時点ではそれしか選択肢が無いような状態。こいつはさすがにガッカリだわー。ないわー。
PC版ならキーボードも含めて自由にアサインできるんでしょうねぇ。

あ、ステアリングコントローラの場合はキャリブレーション等細かい調整や設定が可能です。


二つめ

・カスタムサウンドトラック未対応

デフォルトで用意されているラジオ局もイイけど、出来ることならHDD内のmp3を再生してドライブやレースを楽しみたかった。
PS3のカスタムサントラはソフト側の対応が必要なため、これに関してはもしかしたら今後のアップデート等で改善される…かも??
これもガッカリ。


三つめ

・光デジタル出力の音声出力に対応していない

説明書にさも当然の事であるかのように、
「このソフトウェアは光デジタル出力端子からの音声出力には対応しておりません。AVマルチ出力端子からのアナログ音声出力またはHDMI端子からのデジタル音声出力でお楽しみください。」
と書かれています。
幸い自分の環境は映像だけでなく音声もHDMIで5.1chスピーカーのアンプに出しているので問題なく楽しめてるんですが、“映像はHDMI、音声は光デジタル出力”って環境の人、結構いると思うんですよね…。
全く音が出ないのか、それとも強制的に2chになってしまうのかは不明ですが、いずれにしてもこの仕様はちょっとシャレになってないなと。


今のところはこんな感じですかね。
細かい部分も挙げるとなるともうちょっと増えますけど…。ブティックでの買い物の際、十字キーの左右で商品を一つずつしか選択できないため種類が多い店だと選択&プレビューがめんどくさい、とか。
前作もこの仕様だったんですが、何もこんなところを引き継がなくても…w

上で挙げた3つの不満のうち、1番目、2番目あたりはアップデートでどうにかなりそうですが、3番目はどうなるか分かりませんね。
まあそれ以前に、今後アップデートが来るのかすら不明なんですが…。
全てはこのゲームを製作したメーカー次第って事になるんでしょうけど、放置だけはして欲しくないってのが正直なところです。
あ、あと、ボイスチャットのミュート機能も欲しいなぁ。それとランボルギーニが何故無くなってしまったのか、説明と謝罪と賠s(ry
木山せんせいカラーのガヤルドで島中走りまわるという俺ちゃんのささやかな夢が…夢がッ。
前作或いはGT5やNFS等の他ゲーをやれって事ですねわかります(`;ω;´)



最後は不満点を並べ立てちゃってちょっぴり後味が悪い感じではありますが、でもこれらの短所を補って余りある魅力と楽しさがあるのも事実です。
人によって合う・合わないあるとは思いますが、レースやドライブが好きな方には本当にオススメです。



テストドライブ アンリミテッド2 テストドライブ アンリミテッド2
steamだとかなり安いんで、スペックに余裕がある人はそっちでもいいかも。
自分もちょっと気になってたり。


1/43 ランボルギーニ ガヤルド LP560-4 (ブルー) (546194) アルティメット ヒッツ クロノ・トリガー
ガヤルドで強くてニューゲームするという俺ちゃんのささやかな(ry


ロジクール ドライビングフォース GT(LPRC-14500) ロジクール G27 レーシング ホイール(LPRC-13500)
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/1242-6812c91d
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。