スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モドネも楽しいけれど

2010年09月08日 20:58

先日購入したNFS Shiftにもかなりハマっております。

昨年配信された体験版では車種やコース、モード等がかなり限られていたため、この作品が持つ魅力や、独特なシステム故の一味違った面白さ等になかなか気づくことが出来ず、おまけに、後にあのBlack Box開発作品と知って購入を見送りました。

…が、先月下旬にベスト版が出るという事を知り「もしハマれなくてもこの価格なら…」と意を決して買ってみたらこれが大当たり。
Black Boxに一体何が…w

GT5までの繋ぎどころか、GT5発売以降も楽しめそうです。どっちもパッと見は似てますが、まあアレです。別腹ってやつです。

このシリーズはコンシューマでは、PSのオーバードライビン2~4、PS2のNFS Underground 1・2、Most Wanted、PS3のCarbon、Undercoverを。
PCではNFS3・4、Porsche Unleashed、6、Most Wantedをプレイ済み。

こうして見ると、公道を舞台にした作品が殆ど…というか上で挙げたものに関しては全てそっち方面、さらに一部はオープンワールド系になっています。

これこそが今まで綿々と受け継がれてきたNFSの特徴の一つだったりするワケですが、今回購入したShiftはおもいっきりクローズド且つシミュ寄りのわりと硬派な内容。
実を言うと、この前の「プロストリート」で既にそれっぽい内容を展開してたんですが、あっちは 評価がイマイチd(ry ゲームっぽさや豪快さがそこそこ残されてたので割愛させていただきます。

実在サーキットを収録したのは何気にこのShiftが初。
そんでもって、超久々にコックピットビューが復活。これはホントに嬉しかった。
マシンをチューンする事で内装にも変化が現われるんですが、きちんとその辺も反映&表現してくれます。
光の加減や反射具合によってフロントガラスにダッシュボードの一部が映り込むという細かさも○。
登場車種は当然全て実車。ヴェイロンばかり10台以上でくんずほぐれつしながらニュル走ったりすると変な脳汁出ちゃうから困るw
ランボルギーニに至ってはガヤルドやムルシエラゴは勿論、なんとレヴェントンまで収録。ゲームとはいえ、ショールームで眺めてるだけで変な脳汁が(ry
日本円にして1億円オーバー、世界に20台しかなく、そのうち1台は日本国内に存在してるとかなんとか。

レヴェントンについてはPSP版グランツーリスモにも収録されているそうなので、GT5にも入りそうな予感。
んー、楽しみ。あ、でも、一番好きなのはガヤルドなんですけどね…w
嗚呼、ガヤルドオーナーの木山せんせいが羨ましい。それでいてガルウイング仕様に変更してるとかどんだけー!これで更にスーパーレッジェーラだった日にはもう…もう!(何



…あ、すいません。脱線しまくっちゃいました。

まーそんなワケで、Shiftはわりとリアル路線なんですけども、かといって“初心者お断り”では無いところには好感が持てます。
DiRT2なんかもそうなんですが、最近の海外産レースゲームは独特のシステムを導入しつつも、本当に親切設計になってるなと感心することしきり。

アシスト機能だけじゃなく、レースそのものの難易度を変更できたり(EASYにしたからといって、特典が得られないなどといった致命的なデメリットは無し)、次のステップへ進むのに必ず1位を取らなきゃいけない、という縛りが無いのも素晴らしい。
勿論好成績を残す事でゲーム内のちょっとした特典がアンロックされたり、多めに賞金がもらえたり、トロフィーが獲得できたり…なんて事がありますが、この辺の要素はホントに些細な事なので(PS3のトロフィーを必死に集めてる人はそうもいかないでしょうけどw)、一昔前のガチガチのクソ難しい洋ゲーとは一線も二線も画してます。ユーザーに歩み寄りまくり。手なんか繋いだりなんかしちゃって「みんな~」(AA略)って感じです。あ、後半は私の妄想入っちゃってますけども。

レースに勝って金を稼ぎ、チューンをしたり新たなマシンを手に入れて更に上を目指す…というこのテのゲームにおいてはもはやテンプレート的なお約束要素が主軸ではあるものの、ドライバーレベルの概念や、各コースの各コーナーをベストな速度・ラインで曲がることで得られるコーナーマスター要素など、通常のレースゲームとは一味違う要素が満載。
ドライバーレベルが上がることで様々なパーツやバイナルがアンロックされたり、様々なイベントに招待されるようになります。
で、そのレベルを上げるためには当然、経験値が必要になってくるワケですが、ここで先述のコーナーマスター等プレイヤーのドライビングテクニックが生きてきます。
経験値はレース中、プレイヤーの様々な行動により蓄積され、いっぱいになればレース終了を待たずともリアルタイムに上昇。
コーナーマスターの他にもベストラップを出したり、トップスピード記録を更新したり、コース中のベストラインをなぞったり(オプションにて表示のON/OFFが可能。ONにするとブレーキのタイミングなんかが掴みやすくなるので、初心者の方や初めてのコースでも安心です)、スリップストリームに入ったり、他車に接触する事無くオーバーテイクしたり等、本当に様々な行動の一つ一つが経験値になります。

と、ここだけを見ると「結局、GTみたいにお行儀よく走るのが前提なのかよ」とお思いになるかもしれませんが、これらとは別にダーティカテゴリーが設けられていて、他車にぶつかって強引にオーバーテイクする、後続車をブロックする、などといったダーティなプレイスタイルでも経験値を得る事が可能。
別枠としてカテゴライズされてはいますが、ラフなプレイをしまくってもゲーム進行においてデメリットは無いので、遊びの幅は実際かなり広めです。
コースやレースの条件によってはスター(プレイヤーへの評価ポイント)を得るために、終始クリーンなレースを心がけなければならない場合もありますが、それを達成できなかったからと言って先に進めなくなるという事はありません。
難易度をEASYに設定して、アシスト機能も有効にすれば、条件だとかそういったものは気にせずに気持よく走れると思います。
上級者の方も、アシスト切ったり難易度を上げれば存分に楽しめます。アシスト切ればより豪快な走りができますしね。


グラフィックの質はGT5に負けず劣らずといった感じでかなり頑張ってます。
ただ、レース中、リプレイ中問わずゲームそのものは720p&30fpsなので、総合的に見るとGT5(1080p&レース中60fps、リプレイ中30fps)の方がやはり上です。
しかしながら、DiRT2同様、このShiftもグラフィックだけでなくエフェクトも凝ってます。
車を運転してそこそこ速度が出てくると、視線は自然と道路の先の方を見るようになり、速度と比例して視界も狭まってくるんですが、Shiftでも高速走行中はインパネ部にブラーがかかってボヤけたり等、それっぽい演出が入ります。
プレイヤー自身がそのボヤけたインパネを注視しちゃうとまったく意味のないモノになっちゃいますが、実際の運転と同様にコースの先を見据えていると、なんとなくそれっぽい雰囲気になります。
その他、高速走行中にコース脇のフェンスで車体を擦ったり、他車にぶつかったり等すると、その時の状況によって画面全体が一瞬灰色になって耳鳴りのようなものが鳴ったり、音が遠のいて数秒間ボヤけたままになったり、ドライバーのうめき声と共にしばらくの間心臓の鼓動が聴こえたり等、GTなど他のレースゲームではあまり重視されていない衝撃演出に力が入っています。
事故を起こせば当然マシンそのものもペイントが剥がれたり、ヘッドライトが割れたり、ボディが凹んだり、フロントガラスにヒビが入ったりします。横転もします。(場合によってはちょこっとぶつけただけなのにあっさり横転しちゃって笑っちゃうこともありますがw)
車体ダメージに関しては、“見た目オンリー”の設定も可能。
慣れないうちは少々運転しづらいかもしれませんが、是非コックピットビューで走りましょうw

エンジン音やスキール音の良さは言わずもがな。
このシリーズは昔からこの辺の“音”に対する拘りが感じられてイイですね。


最後に不満というか注意点を。

初回起動時はHDDへのインストール作業があります。これは強制です。
使用容量はおよそ3GBほど。余裕が無い方は前もってデータを整理しておいた方が良いでしょう。

で、HDDへのインストール作業が終わったら今度はパッチ(Ver.1.04)のインストールが。容量は約250MB。
ただ私の場合、店頭にてベスト版のパッケージをレジに持っていったら在庫の関係で、通常版をベスト版の価格で売ってもらった、という経緯があるので、ベスト版では上記のパッチが既に適用済みになっているかもしれません。

リプレイ中は△ボタンを押すことでスクリーンショットを撮ることが可能なんですが、そこで撮影した画像はHDD(XMB)には保存されず、NFS.comにアップロードされるという謎仕様。
ネット上にUPされるという事で、PCから直接ダウンロードしたり、ブログなんかで公開するのも楽にはなる(わざわざPS3にUSBメモリを挿してPCに移す手間が省ける)ものの、どこにうpされたのか分からない。
NFS.comにアクセスしてみてもさっぱりです(苦笑


今のところ、不満というほどの不満は無いですね。
オンライン対戦はまだやってませんが、EA鯖を介してるだろうし、おそらく海外の人ばっかなんだろうなぁ…w
対戦以外にもランキングがチェックできるのは勿論、フレンドとのキャリア進行度比較やイベント毎のタイムの勝敗も一目で分かるので、一度クリアしたイベントでもフレンドに負けているものがあるとついつい頑張っちゃったりw

人それぞれ好みがあるので、最終的には自己判断で…って事になりますが、レースゲームが好きな人、興味がある人にはこのShiftとDiRT2は自信を持ってオススメできます。


ニード・フォー・スピード シフト
<EA BEST HITS>ニード・フォー・スピード シフト
エレクトロニック・アーツ 2010-09-02
売り上げランキング : 742

おすすめ平均 star
starおもしろい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コリン・マクレー ダート2
コリン・マクレー ダート2
おすすめ平均
stars最高!
starsよくもわるくも・・・・
stars非常に残念な結果でした。
starsあれ?免許もってなくても車に乗れるじゃん!
stars1人でやりこむロープレみたいなレースゲームかな。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

グランツーリスモ 5(初回生産版:特製ブックレット&プレゼントカー5種ダウンロードプロダクトコード同梱)
グランツーリスモ 5(初回生産版:特製ブックレット&プレゼントカー5種ダウンロードプロダクトコード同梱)
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2010-11-03
売り上げランキング : 67


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ModNation 無限のカート王国
ModNation 無限のカート王国
おすすめ平均
starsあのゲームより!
starsゲーム否定派の嫁が
stars買って正解!(^^)!
starsお手軽レースゲーム
stars初週15000本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/1161-259c2354
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。