スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ι(´Д`υ)アツィー

2006年07月15日 20:54

季節が季節なので暑いのは当たり前といえば当たり前なのですが、ここ最近の暑さは異常。
扇風機回してもヌルい風しか来ないよママン(つД`)

というワケで、怖いゲームをやって涼むことにしました。
ソフト収納ケースから取り出したるは「零 ~zero~

第三夜で詰んで以来放置してたんですが、再度最初から始めることにしました。

いやーしかし、イベントが起こるタイミング等を覚えていてもこの怖さはハンパじゃないですなあ(;・∀・)
怖いモンは怖い…。
人形が沢山飾ってある部屋で、いきなりポロッと人形の首が床に転げ落ちるのはマジで反則です。
いや、そういう事が(おそらくランダムで)起こるってのは既に知ってるんですよ?
それでもすげービビっちゃうんですよねえ…。
怖いお。コントローラがブルッと震えるしマジでビクーリしちゃうお(^ω^;)


で、初プレイというワケではないのでそこそこサクサク進む事ができたのですが、


第三夜でまた回復アイテムが尽きて詰みますたorz


ストーリーを進めるのに重要なフラグ立て等の手際はそこそこ向上してはいるものの、霊との戦闘に関しては進歩が無いというかなんというか(´Д`;)
無理にZERO SHOT狙うのがマズいんですかねぇ…。


このゲームの敵(霊)はあらかじめ配置されているものの他に、一定時間ごとに出現するものもいます。
バイオハザード(最近のはプレイしていないので分かりませんが)なんかはあらかじめ存在しているゾンビさえ倒してしまえばあとは好きなだけ探索出来るのに対し、このゲームの場合はそれが通用しません。
いくら倒してもある程度時間が経過すれば再度霊が出てくるし、おまけに射影機に装填するフィルムの数には限りがあるし…。(最弱フィルムに限り、セーブポイントで補充が可能)
そんなこんなであまりのんびりとは出来ません。

”目を隠された女の霊”が一番苦手…。
ヘタにダッシュして逃げようとすると、足音聞きつけられてソッコーで攻撃されるし、かといって狭い場所だと歩いて少しずつ間合いを取ろうとしても追いつかれて襲われちゃうし('A`)
もーヤダヤダ。こいつヤダヤダ。しかも攻撃力高いしヽ(`Д´)ノ


また最初からやり直すか(´・ω・`)
シリーズ中、この1作目がもっとも難しいらしいですね。
大抵の人は途中で回復アイテムが尽きて詰んじゃうらしい。
ちなみに、「紅い蝶」、「刺青の聲」も所有していますが、いずれも少ししか進めていません。
怖いから、というワケではなく1作目のエンディングを未だに見ていないからです。

クソっ、笑いたきゃ笑えばいいさ!!


……

(´;ω;`)ウッ



何度やっても怖いです。これ。
電気を消してヘッドフォン装着プレイ。これ最強。いや、最恐。和風ホラー恐ろしや。
ホラーゲーム自体はいくつもありますが、このシリーズはその中でも突出した存在だと思います。
開発スタッフは全員オカルト関係には疎いらしいのですが、それでもこれだけのものが作れるそのセンスに脱帽。


皆様もいかがでしょうか…
涼しくなりますよ……

というか、逆に変な汗かいてk(ry


PS3でも新作を出してくれそうな気がしますが、振動機能が無いのは辛いなぁ。
まあ、このシリーズに限った話ではないですけど。
今更仕様変更なんて無理だとは思いますが、出来ることならつけてもらいたいモンです。
6軸検知システムなんかどうでも(ry
関連記事


コメント

  1. REALLIFE | URL | KWyWoJQ6

    私もです(笑)

    こんばんは。
    ゼロですか~これは私も全然遊んでないんですよって、私の場合はいつもでしたっけ(笑)3作目はそのうちベストを買うとして、2作目まではXBOX版を購入してました。しかし、怖そうなので遊べないんですよね(爆)
    映画化するという話がありましたけど、一年以上たっていると思いますが、あれから何か進展はあるのでしょうか?

  2. こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

    おぉ、REAL LIFEさんはXBOX版を所有されているのですか。
    PS2版でも3D音響システムが搭載されていますが、XBOX版だと5.1chドルビーサラウンドで楽しむことができそうですね。
    あとはやはり、グラフィックとかロード時間の短縮とか。
    PS2版でもこの辺は文句無しですが、XBOXだとさらに快適にプレイできそうですね。

    REAL LIFEさんも是非やりましょう(笑)
    突然幽霊が出てくることにビビらされて怖い、というのではなく、何も無いところを歩いているだけでも、立ち止まっているだけでも怖いと感じるのがこの作品の凄いところだと思います。
    障子越しに琴を演奏している女の影が映っているところにおそるおそる近づいてみた時の衝撃は今でも忘れられません。初回プレイのときなんて思わず声出しちゃいましたし(;・∀・)

    >映画化
    そういえば、そんな話がありましたね。
    どうせ作るならしっかりとしたものにして欲しいモノですが…。
    サイレントヒルはイマイチらしいですし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://president2.blog60.fc2.com/tb.php/107-285ab481
この記事へのトラックバック


Recent Entry


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。