スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高ぇなあ…

2006年05月12日 21:52

HDDの容量を20GBに抑え、様々な端子や機能を省いた最少構成のPS3が59,800円(税込:62,790円)。
HDD容量60GB、HDMI端子や各カードスロットなどがついている上位モデルの価格については当初、”オープンプライス”となっていましたが、遂に具体的な数字が発表されました。




71,800円(税込:75,390円)だってよ。

’`,、(´∀`)’`,、

’`,、(;´∀`)’`,、

(゚∀゚)アーッヒャッヒャッヒャ!!!!

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!!!111!!qあwせdrftgyふじこlp
俺オワタ\(^o^)/



……

( ゚д゚ ) !



ソフト込みで8万超え確実うぅぅぅぅぅぅ!!
     (´⌒;;(´⌒;;     ;;⌒`);;⌒
(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;  ( ゚д゚ )っ  ;;⌒`)
    (´⌒;;(´⌒;;  (っ r  .;;⌒`);;
      (´⌒;;(´⌒;;└.|_i ;;⌒`);;⌒`)




こっち見んな!来んな!w


いやまぁ、あれだけのスペックでこの価格は安いと思いますよ。
でも、スペック云々の事がよく分からない人にとっては「ゲーム機に7万ってなんだそりゃ」としか思わないワケで…。
SCEとしてはPSを”ゲーム機”としてではなく、”家電”として見ているのかもしれませんが、7万オーバーの家電なんてものも今日日そんなに無いですよ('A`)
VHS→DVDに移行しつつあったPS2発売時とは状況がまったく違うワケですし、そこそこ売れはするかもしれませんが、苦戦を強いられるのは必至でしょうね。
DVDがようやくかなり普及してきて、現在ではそれで満足している人が殆ど。「BD?なにそれ?」という人が大多数というこの状況下において、いち早くBD規格を広めようと無理やりPS3に背負わせてしまったというのはソニーの判断ミスとしか言いようがありません。
PS2(DVD)の時は既にある程度下地が出来ていましたし、ちょうど当時の殆どの人のニーズに答える仕様&価格だった、というのが爆発的ヒットに繋がった最大の要因だと思います。タイミングが非常に良かったんですよね。
しかし、PS3はPS2のような「起爆剤」ではなく、BD市場を開拓および牽引していくという大役を任されました。コケたら何もかもが終わり。非常に過酷で、重い荷物を背負わされたワケです。

将来HDTVが普及することを見据えて、5年10年としばらくの間世代交代を行わず、これ一台で戦っていく事を考慮に入れたうえで今回の仕様や価格を打ち出した、という可能性もありますが…いや、それならそれで別に良いんですよ。
ただね、もしその辺の事も戦略に含めていて尚且つ本気で売りたいと考えているのならば、一番大切な”客”に明確なビジョンを事前にある程度示すべきだと思うんです。
戦略の手の内を明かしたくないと思っているのかどうかは分かりませんが、周り…特に消費者の理解無くして淡々と商品を発表、というのは根本的に間違ってますよ。
いや、後からきちんとフォローするならいいですよ?それだったら、ちょっとした”パフォーマンス”として素直に受け入れます。(やり杉は良くないですが)

しかし、久夛良木社長をはじめとする、関係者の発言はどうでしょう。
PSPの□ボタンが戻らないという仕様上の欠陥についても、開き直るような事言ってたでしょ?
自分もサポート関係の仕事してたんで、安易に「こっちのミスです。すんませんでした」とあっさりと認めるわけにはいかないというのはよーく分かってるんですが、おもいっきり開き直って逆に説教たれるのはどうかと思うワケですよ。
周りから社長社長ともてはやされていたためにその辺のことに頭が回らないんでしょうか。

根っからのPS信者ですが、PSPやPS3の一連の久夛良木社長の発言にはただただ呆れています。
他ハードメーカーのみならず、消費者とサードパーティーに喧嘩売ってどうすんの?
明確なビジョンも提示せずに、高級なマシンを作った、とか、世界一美しいマシンを作った、とかそんなんどうでもいいんですよ。
ただ単に物凄い性能のマシン、美しいマシンを作り上げればそれでいいっていう、いかにも電気屋的な発想がもうね…('A`)

喧嘩売ってちゃ売れるものも売れなくなりますよ。
アリカでしたっけ?「PS3でSTG作りたいんですけど」ってSCEに言ったら「はぁ?STG?ダセぇwwww却下却下。PS3のスペックを活かすすんげーゲーム作れよ。」って突っぱねられたの。

好きなモン作らせてやれよ…。
アリカの副社長がSTG大好きなんですよね。確か。
そんな事もあって、赤字必至の「怒首領蜂 大往生」や「エスプガルーダ」をソフト単体でもキツいのに、攻略DVDまでつけて移植したっていう、なかなか男気溢れることやってるんですよねぇ。ココ。
で、いつかはオリジナルSTGを作りたい!って夢があるんだとか。
上海アリス幻樂団のZUN氏に副社長自らメールを送ったこともあるそうで。

消費者は勿論のこと、サードパーティも大事にしなきゃねえ…。


一応、PS3は購入予定(HDD60GBの方ね)ですが、発売日買いは避けるつもりです。
今までとは比べ物にならないくらい高価なものなので、ある程度様子見した方がいいかなぁと。
また後から型番変えてドンドン出てくるでしょうし。
この型番商法ってソフトメーカーにも結構負担がかかるんですよね。
一つゲームを作っても型番によって正常動作しない、なんて事も多々あるようで、一台一台用意してチェックしなきゃならないんだとか。

真・三國無双3はその辺のチェックを怠ったせいか、SCPH-10000(初期型)で実機オープニングを再生するとフリーズするんですよね。
買い換える前のPS2がまさにその初期型だったんで、苦労させられましたw
電源投入時にまず音楽CDを読み込ませてから無双3のディスクを入れることにより一応回避できましたが、いやーめんどくさいのなんのってwww

PS3でも様々な型番がリリースされて、一部のソフトが動作しない、とかそういう問題がまた出てくるんでしょうねぇ。

しかし、ホント高いなあ…。
買うときゃ現金一括で買うつもりですが、BDドライブを後から増設できる、とかそういう仕様にしてもう少し安くしてくれれば良かったのに…。
BD-ROMじゃなきゃ物凄いグラフィックは堪能できない、って事も無いでしょう。「DVD-ROMじゃ全然足りない!」なんて声も聞かないですし。
解像度や音質等に拘るのであればDVDじゃ足りなくなるかもしれませんが、今はまだSDTVが主流なんだし、焦ってBDドライブ突っ込むこともなかったような気がします。
まずは価格をグッと抑えて「PS2.5」、デジタル放送が始まってHDTVが主流になる頃にワンタッチで簡単に増設できるようなBDドライブ出して「PS3」って流れでも良かったんじゃあ…。

常に先を見る、というのは非常に大事ですが、ブルーレイという名前自体が殆ど浸透していない今の段階でBDドライブつけて7万円!とか言われても、目を輝かせる人なんてごく一部でしょ。
私自身ゲーヲタですが、さすがにひきましたよ。
一生懸命コストダウンに努めたってのは分かりますし、スペックの事を考えるとこれでも安いというのは重々承知の上ですが、「PS3はゲーム機ではなく、コンピュータだ」というコメントを見ると、なんつーか、もうね…。
誰か久夛良木社長の暴走を止めてあげてください('A`)

素直に期待はしてるけど、なんか複雑…。





それにしても、振動無しってのは残念ですねぇ…。
よほど高額な特許使用料でもふっかけられたのだろうか(´・ω・`)
ちなみに、傾き感知について2chなどで「任天堂のパクリ」と騒がれていますが、任天堂はこれについて特許を取得していないので、厳密には任天堂のパクリにはあたりません。
しかしながら、確かMSあたりが持っていたような気がするので、「パクリ」自体は間違いでは無いですが、正確には「MSのパクリ」となります。
スポンサーサイト


Recent Entry


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。